「おいおい…ミニョレのクローンか?」リバプール新守護神候補が早くも凡ミスでファン不安

写真拡大

▽リバプールの新守護神候補であるドイツ人GKロリス・カリウス(23)が、いきなり凡ミスを犯した。

▽リバプールは17日、ウィガンとの親善試合を2-0で制し、プレシーズンマッチ3連勝を飾った。しかし、この試合に出場した新戦力のカリウスは味方のバックパスをトラップミスし、危うく失点という危険な場面をつくってしまった。

▽イギリス『メトロ』は、現地ファンのカリウスへの不安の声を伝えた。時々、凡ミス犯している昨シーズンの正守護神であるGKシモン・ミニョレが引き合いに出され、「カリウスがミニョレみたいなレベルのミスを犯した」や「リバプールはミニョレのクローンであるカリウスを獲得していたようだね」といった皮肉が出たようだ。

▽なお、このプレシーズンマッチは日本でも『スカパー!』で放送されたため、日本のリバプールファンも素早く反応していた。