みなさんはパワースポットがお好きですか?

パワースポットといえば、神社や自然名所を思い出しますよね。伊勢神宮や出雲大社が有名なパワースポットとして知られています。

でもその他にもたくさんパワースポットがある日本の中でも、神様のような神聖な存在が祀られている場所ではない、まさに“波動”を感じ取られるパワースポットが日本にあるのはご存じでしょうか?

そんなわけで、今回はパワースポットマニアでもある筆者が、日本三大パワースポットをみなさまにご紹介したいと思います!

 

■1:富士山(静岡県、山梨県)

まずひとつめ、日本のパワースポットといえば、なんといっても富士山は必ず入りますよね。

日本の象徴である富士山は、古来から、富士山には不思議なパワーが秘められているということが、国内のみならず海外からも知られています。3,776メートルというその高さから、スピリチュアルな世界では“神様に一番近い場所”として有名なのです。

「じゃあ、神様に近づくために、登らなくてはいけないの?」と思ってしまいますが、富士山は登らなくても、見ているだけで人を元気にし、人を癒すエネルギーがあります。

そのため、富士山が美しく見えるときは運が向いてきている!と、古来から言い伝えられているのです。

その他にも富士山は、縁結びや安産、恋愛などの祈願もできる、まさに万能の神として知られているパワースポットなのです!

 

■2:聖域の岬(石川県)

ふたつめは、石川県になる聖域の岬。

聖域の岬とは、能登半島の先端にある珠洲岬、禄剛崎、金剛崎、長手崎を含めた約5キロの海岸線の総称です。南からの温かい海流と北からの冷たい海流が交わる、世界的にも珍しい地形と言われており、自然界のパワーが集まる場所としてとても有名です。

ただ、この聖域の岬は、『らんぷの宿』という旅館のプライベートスペースとなっているため、聖域の岬のパワーをゆっくりと満喫するには、『らんぷの宿』に宿泊することをおすすめしますが、宿泊はちょっと……という方も、入場料を払って見学することができます。

岬を一望することができる展望台や、500万年かけて出来上がったといわれる「青の洞窟」といった、聖域の岬のパワーを感じ取れるスポットがあります。パワーアップしたい方にはもってこいです!

 

■3:分杭峠(長野県)

三つめがこの分杭峠。世界的にも珍しいゼロ磁場として知られています。

ゼロ磁場とは、方位磁石が方角を示さなかったり、振動し始める場所のこと。磁石の針というのは、北にNが向き、南にSが向くのが一般的ですが、ゼロ磁場ではそのようなことが起きません! ですから“ゼロ”と呼ばれるのですね。

しかし“ゼロ”磁場と言っても、一切磁力がないわけではありません。逆に、その場所自体が巨大な磁石のようになっていて、磁石の針が狂ってしまい、どの方向も指さなくなってしまうというわけです。

訪れる人たちも磁石の上にいるような感覚になると言われています。まさにエネルギーが凝縮されているような場所ですよね。

この分杭峠は、世界でも有数といわれる強力なパワースポットでもあり、訪れた人は元気になったり、疲れが取れたり、腰痛や生活習慣病が治ったりと、健康にはとてもいい場所だと言われているのです。

 

いかがでしたか?

もともとパワースポットがたくさんある日本の中で、三大パワースポットが存在するとはびっくりですよね! それも世界では有数あるといわれる珍しいところばかり!

日本人として生まれてよかった〜と思いながら、パワーチャージをするためにパワースポットへ訪れてはいかがですか?

 

【関連記事】

※ パワースポットマニアが教える!「美人祈願と縁結び」の神社3選

※ 今のうちに知っておきたい!願い事が叶う「七夕飾り」の豆知識

※ 日本全国にあるあの場所で…彼に「いい女!」と思わせる神瞬間5つ

※ 恋愛成就効果スゴすぎ!GWに行きたい九州宮崎県「最強パワスポ4選」

※ あなたは大丈夫?恋愛運を大幅ダウンさせかねない5つのNG習慣

 

【姉妹サイト】

※ マジかよ…1位歩きタバコ!「夏祭りで幻滅する彼女の行動」ワースト5

※ お肌ツルツル!女子旅に最適「美肌温泉」ランキング1位は…

 

【画像】

Mayer George / shutter stock