■連載/ペットゥモロー通信

いつものドライフードに+αという考え方もあり!

5-24

最近、ドッグフードに含まれる原材料を気にする方や、アレルギー持ちの犬を飼っている方を中心に、手作り食を与える飼い主が増えてきています。

肉・魚・野菜と犬が食べられる食材は多く、人間同様バランスよく摂取することにより、各疾患の予防や改善、健康維持につながるといわれています。

ですので、栄養バランスが偏らないよう栄養学に基づいたレシピを参考にすることが大切です。また、週に数回や誕生日などのイベント時などに作るという頻度であれば、取り入れるのも比較的、手軽でしょう。

ほかに、いつものドッグフードに肉・魚・野菜等を少し加えるだけの、いつものドッグフード+α、という選択肢もあります。

市販のドッグフードの多くは、犬が1日に必要とする栄養素がバランスよく含まれているので、基本的にはドッグフードと水さえあれば安心なのですが、+αのトッピングでも各疾患の予防や改善、健康維持に繋げることができるでしょう。

手作り食を上手に活用してワンちゃんとのご飯タイムを充実させてみては?

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)

HPhttp://petomorrow.jp/
Twitterhttps://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/