本日13時45分よりFalcon 9ロケット打ち上げ(と地上着地試験)を生中継。爆発事故で未配の積荷をISSへ再送

写真拡大

電気自動車方面でトラブル続発のイーロン・マスク率いるSpaceXが、本日13時45分(日本時間)よりFalcon 9ロケットの打ち上げミッションを実施します。恒例となりつつあるFalcon 9ロケット1段目の垂直着陸試験は、今回は地上への着地を計画しているとのこと。インターネット中継はこのページ最下段でご覧いただけます。

追記:今回も見事な着陸でした。Dragon補給船の分離も問題なし。ライブ中継のラストには『Pokémon GO』の画面が現れるオチまで用意するあたり、もはや余裕のご様子です。

またテクノロジー系ニュースサイトMashableは、今回打ち上げるFalcon 9ロケットが、4月8日に洋上垂直着陸に成功した機体を再利用したものだと報じています。今回のDragon補給船の積荷はISSで利用するインターナショナルドッキングアダプター(IDA)。これは2015年6月の打ち上げ失敗の際にISSへ届ける予定だったものです。ドラゴン補給船にはそのほかISS内で使用する試験用ラック「TangoLab-1」なども搭載されます。

当然ながら、積荷をISSへ届けるのが主要なミッションなのですが、今回も注目されるのがFalconロケットの回収試験。すでに成功するのがあたりまえと感じられるぐらい何度も見てきたロケット第1段の着陸シーンですが、実は6月18日のミッションでは久しぶりの失敗に終わっていました。

なお、今回は2回めとなる地上への着陸試験が計画されており、無人船「Of Course I Still Love You : OCISLY」の出番はなさそうです。

 

初の地上着地成功の様子
 

ちなみにMashableは未確認情報と前置きしつつ、今回の打ち上げには4月8日に着陸成功した機体が再利用されると伝えています。もしこれが本当ならば、SpaceXにとって初の再利用ロケット打ち上げとなるはずです。ただイーロン・マスクとSpaceXはこれまで「再利用は9月か10月を予定」と発言していることから、今回の打ち上げの機体が本当に再利用ロケットかどうかには疑問も残ります。

SpaceX CRS-9ミッションは日本時間13時45分からインターネット中継を開始。このページでご覧になれます。



なにしとんねん