そんな手が!? 節電しながら涼をとる方法12 「●●をいろんなところに塗って仰ぐ」

写真拡大

夏場はエアコンや扇風機などを使うので、電気代がかかりますよね。特にひとり暮らしだと、思わぬ出費にダメージを受けてしまいます。そこで今回は男性のみなさんに「電力を使わずに涼をとる方法」について、聞いてみました。

■保冷剤でリンパ付近を冷やす!

・「アイスノンや保冷剤を脇や首筋に当てる」(27歳/商社・卸/営業職)

・「お風呂上がりは冷水で手首足首を冷やす」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「濡れたタオルを首に巻く。リンパ付近、太い血管付近を冷やすようにする」(34歳/その他/販売職・サービス系)

エアコンや扇風機を使わないとなると、大活躍するのが保冷剤や冷たいタオルです。脇や首筋などのリンパ付近を冷やすと、体の熱が取れるので涼しく過ごせそうですね。

■日陰を作って打ち水をする!

・「よしずなどで日陰を作り、そこに水打ちをする」(30歳/その他/その他)

・「打ち水や緑のカーテン、空気が通るような窓を開ける」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「打ち水をする。網戸に水をかける。グリーンカーテンを作る」(33歳/不動産/事務系専門職)

よしずや緑のカーテンを作って日差しをさえぎり、打ち水をするのも効果がありそうです。網戸に水をかけておけば、窓を開けても涼しい風が入るのでよさそうですね。

■ムヒ、ハッカ油、トニックシャンプーを使う!

・「ムヒをいろんなところに塗って仰ぐとすーっとする」(32歳/食品・飲料/営業職)

・「ハッカ油。塗るだけでひんやりして、涼しくなる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「入浴時、トニックシャンプーで全身を洗う。身体中がスースーして、体感温度が下がる」(34歳/その他/その他)

ムヒやハッカ油など、スーッとする成分が入っているアイテムを使うと、体感温度が下がるので涼しくなりそうですね。でもムヒを塗りたくるのは、肌が荒れてしまいそうで心配です……。

■冷たいもの VS 熱いもの

・「スイカやキュウリなど身体を冷ます涼性の食材を食べればいい」(32歳/その他/その他)

・「かき氷やアイスを食べる。スイカも冷やして食べるととてもおいしい」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「カレーや熱いものなどを食べ、汗をかき、相対的に涼しく感じさせる」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

スイカやきゅうり、かき氷などの冷たいものを食べる、という方法と、あえて熱いカレーなどを食べて相対的に涼しくさせる、という方法もありました。どちらのほうが涼しさを感じるのか、ちょっと試してみたいかも?

■まとめ

男性のみなさんに「電力を使わずに涼をとる方法」について聞いてみたら、さまざまな意見が集まりました。保冷剤や打ち水など、どれも効果がありそうな方法ばかりです。電気代を節約したいなら、水分補給を忘れずにこれらの方法を参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数199件(25〜35歳の働く男性)