17日、新浪体育によると、サッカーの中国スーパーリーグ、上海申花と上海上港の上海ダービーで、上海申花のFWデンバ・バが選手生命を脅かすような重傷を負った。

写真拡大

2016年7月17日、新浪体育によると、サッカーの中国スーパーリーグ、上海申花と上海上港の上海ダービーで、上海申花のFWデンバ・バ(セネガル)が選手生命を脅かすような重傷を負った。

63分、相手の孫祥(スン・シアン)のチャージを受けたデンバ・バの左足は、ひと目でわかるほどに折れてしまった。デンバ・バはそのまま担架に乗せられ退場。けがの程度は明らかにされていないが、長期離脱は必至。選手生命も脅かしかねない負傷となりそうだ。

デンバ・バのけがの瞬間を映した動画は中国のネットで転載され、ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「孫祥の人でなしめ!」
「相手の足を折って気持ちいいのか?。頭がおかしいだろう」
「孫は中国人だが、やはり非難されるべきだ」

「動画を載せるな。痛々しすぎる」
「今まで見た中で一番ひどい事故だった。選手生命も危ういかもしれない」
「中国でプレーするのは命懸け」

「早期回復を祈る。孫もわざとじゃない」
「申花サポーターは嫌いだが、選手がけがをするのは見ていられない。早く回復してほしい」
「デンバ・バ、中国を嫌いにならないでくれ…」

なお、この試合はイエローカード9枚、レッドカード2枚が飛び交う大乱戦となり、メディアでは「さまざまな暴力プレーが全部そろった」試合と伝えられている。試合は上海申花が2−1で勝利している。(翻訳・編集/北田)