ドコモユーザーが乗り換えるべき新電力とは?

4月から始まった電力自由化。各社、スタートに向けて、様々なお得なキャンペーンを行っていたが、どうもよくわからず、その波に乗り遅れてしまった人も多いだろう。そこでよりお得な電力会社を検討するため、利用しているケータイとの組み合わせで、どのサービスを利用するのが得かを考えてみた。つまりケータイキャリア別の電力会社選びというわけだ。今回はドコモについて考えてみよう。

■『dポイント』が貯まるサービスとは?

auは『auでんき』、ソフトバンクでは『ソフトバンクでんき』をサービス展開し、ケータイと電気のセット割を用意している。一方、電力サービスを行なっていないドコモの場合、ドコモが提供する『dポイント』が貯まる電力会社を選ぶのが得策だ。

dポイントカード
「dポイントカード」。ローソンやマクドナルドなどの加盟店でお得にポイントが貯まる。

電気料金で『dポイント』がお得に貯まるのは中部電力。『dカード』でクレジットカード決済すると、「dカード特約店」の特典として100円で1ポイントが貯まり、通常100円で1ポイントのクレジット決済分のポイントと合わせて、100円で合計2ポイントがもらえる。つまり2倍のポイントが貯まるというワケだ。

中部電力の支払いでお得にポイントが貯まる『dカード』。
中部電力の支払いでお得にポイントが貯まる『dカード』。

 中部電力のプランは東京電力エリアと、中部電力エリアの一般家庭とビジネス向けが用意されている。東京電力エリアの「カテエネプラン」は、東京電力の従量電灯Bの契約で契約電流が50A・60Aまたは従量電灯Cを契約している人が対象。シンプルでわかりやすい一律の料金単価になっているので、使用量が多いほどお得に利用できる。

東京電力エリアに向けた、中部電力の「カテエネプラン」。
東京電力エリアに向けた、中部電力の「カテエネプラン」。

中部電力エリアには利用する電力量に合わせて、「ポイントプラン」「おとくプラン」「とくとくプラン」を用意。多く利用する時間帯をお得な料金設定にできる「スマートライフプラン」もある。

契約電流が10A〜30Aの電灯契約者を対象にした「ポイントプラン」。
契約電流が10A〜30Aの電灯契約者を対象にした「ポイントプラン」。

契約電流が40A〜60A・6kVAの電灯契約者を対象にした「おとくプラン」。
契約電流が40A〜60A・6kVAの電灯契約者を対象にした「おとくプラン」。毎月の電気料金から100円割引してくれる。中部電力が運営する家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」に会員登録すると割引額が150円に。2年間で最大3600円得できる。

契約電流が7kVA以上の電灯契約者を対象にした「とくとくプラン」。
契約電流が7kVA以上の電灯契約者を対象にした「とくとくプラン」。毎月の電気料金から100円割引してくれる。カテエネ登録で割引額が150円に。2年間で最大3600円得できる。使用量が多い場合はさらに得できる。

これらの「ポイントプラン」「おとくプラン」「とくとくプラン」の加入者向けに、水漏れや鍵の紛失など、暮らしの様々なトラブルに対応してくれる駆け付けサービス(月300円)とのセットプランも用意。水周りのトラブルや鍵のトラブル、ガラスのトラブルが出張料・作業時間60分以内無料になるほか、健康や医療、美容、パソコン、育児・子育て、介護などの無料相談、ハウスクリーニングサービスの割引などが受けられる。

■ドコモユーザーがケータイと電気をお得に使う方法とは?

中部電力の電気料金を『dカード』でクレジットカード決済すると、dポイントが100円で2ポイント貯まる。そしてドコモのケータイ料金を『dカード GOLD』でクレジットカード決済すると、1000円に付き100ポイントのdポイントが貯まる。この10%は自宅のインターネットや電話、TVなどのサービス『ドコモ光』の料金にも適応され、しかもケータイと一緒に利用することでのセット割もあるので、dポイントを効率良く貯めたい場合、ドコモのケータイ+ドコモ光+中部電力という組み合わせがベターだ。

ドコモのケータイやドコモ光の料金の支払いでポイントが10%貯まる『dカード GOLD』。
ドコモのケータイやドコモ光の料金の支払いでポイントが10%貯まる『dカード GOLD』。

●お得シミュレーション●

夫婦ふたり暮らしを設定
ドコモのケータイ・・・5GBの「データMパック」とカケホーダイプランを利用 月額8000円
ドコモ光・・・自宅のネットとひかりTV、ひかり電話を利用 月額6500円
中部電力・・・カテエネプランで50Aを契約し、月平均300kWhを使用 月額9514円

【お得1】 ドコモのケータイとドコモ光とのセット割で毎月800円割引になる。
※5GBプランの「データMパック」の月額料金5000円が4200円になる。
【お得2】 中部電力の支払いでdポイントが毎月190ポイント貯まる。
※中部電力の支払い9514円の100円に付き2ポイントで190ポイント。
【お得3】 ケータイとドコモ光を『dカード GOLD』でクレジット決済すると毎月1400ポイント貯まる。
※ドコモのケータイ8000円+ドコモ光6500円の1000円に付き100ポイント貯まる。

<結果>
毎月 800円+190ポイント+1400ポイント=2390円相当 お得!
2年間で5万7360円相当 得できる!
『dカード GOLD』の年会費は1万円なので、2年間分を差し引いても3万7360円相当お得!

 ただし、中部電力の「カテエネプラン」は電力をあまり使わない人にはやや割高。別の電力会社のプランで、毎月のポイント付与分以上に得できるケースもあるので、そこはじっくり検討したい。
また、dポイントは関西電力の「はぴeポイント」や中国電力の「エネルギアポイント」、東京ガスの「パッチョポイント」などからポイント交換できる。最適なプ電力会社のプランを選んで、各電力会社のポイントから、dポイントに交換して集約するという方法もアリだ。

<まとめ>
・中部電力の電気料金を『dカード』でクレジットカード決済するとポイントが2倍貯まる。
・ドコモのケータイとドコモ光のサービスを利用するとセット割引が適応する。
・ドコモのケータイとドコモ光の料金を『dカード GOLD』で決済すると10%のポイントが付く。

文/綿谷禎子