16日、英紙タイムズはこのほど、イングランドの小学校で、算数の授業に「中国式」の教え方を採用することになったと報じた。

写真拡大

2016年7月16日、人民日報(海外版)によると、英紙タイムズは12日、イングランドの小学校で、算数の授業に「中国式」の教え方を採用することになったと報じた。英教育省は、小学校の算数の授業の改善に向け、今後4年間で4100万ポンド(約56億7000万円)を投じ、「中国メソッド」を普及させることに決めたと発表した。

採用される「中国メソッド」は、「上海式数学教育」と呼ばれるもので、今後はイングランドの標準的な教育モデルとなる。3年ごとに行われている国際的な学力調査において、上海の教育方法は急速に優れたシステムとして認められるようになっており、数学や読解、科学で世界トップの成績を残している。一方、英国はどの分野でもトップ20に入らず、上海の15歳の学生の数学力は英国より3年進んでいることが明らかになった。

英紙デイリー・メールは12日、教育省が採用した東アジアの教育メソッドは、主に中国とシンガポールで使われていると報じている。教育省の計画では、イングランドの小学校の半数に当たる約8000校で、5歳以上の児童を対象に、算数の練習を増やすという。教育の質を確保するため、各小学校で教員2人に研修を受けさせ、専門書籍や実践を通じて、「上海式数学教育」を習得させるとしている。

デイリー・メールによると、予算4100万ポンドは主に、教科書と研修の費用に充てられ、数学専門教育センターも35カ所設立されることになっている。ニック・ギブ学校改革担当大臣は「この計画は数学教育分野を復興させるものだ」とし、「もうわれわれ英国人の数学力が低下したとは、誰にも言わせない」と話している。

英BBCは昨年8月、「中国の学校に、わが国の子どもは耐えられるのか」と題するドキュメント番組を放送し、英国内で中国メソッドに対する論争が起こった。番組では、中国人教員5人がハンプシャー州の中学校で4週間の実験授業を行い、その間に起きた衝突と融和が映し出された。

放送当時、メディア各社は、「中国の学校教育はしゃくし定規だと批判する人もいるが、『事実は雄弁に勝る』で、中国の学生の成績は欧米の国々の学生を上回っている」「中国の学校はテストのための工場であり、その手法をコピーすべきではない」などと伝えていた。(翻訳・編集/岡田)