観光地で記念写真ばかり撮ってる日本人は、幸せの証らしい

写真拡大

8746659629_f3d4eb3d30_c

Photo credit: Tranpan23 via VisualHunt.com / CC BY

写真を撮影する日本人は幸せ者?

南カリフォルニア大学の調査によると、旅に出たとき、日本人観光客のように写真をたくさん撮影する人は、いつもしあわせ!と感じる心の余裕を持っていることがわかったという。

どこへ行っても写真を撮らないと気が済まない、といわんばかりに一生懸命カメラやスマホをかざす日本人旅行者たちは、海外でもしばしばジョークの対象にされているようで、「写真撮影に没頭する、典型的な日本人」というイメージが定着しているようだ。

しかし、実はこれが非常に好ましい現象なのだとという。なぜかというと、自分が体験した・していることを画像やビデオに残すのは、心の底から現状に満足している証拠だからなのだそうだ。

南カリフォルニア大学のリサーチャー、クリステイン・デール氏は、このことについて以下のように結論づけた。

「旅の合間に写真を撮影することは、当然ながら素晴らしい思い出を画像として保存することです。写真として残せば、楽しかった思い出をのちのち繰り返し眺めることができる。それと同時に、旅をした充実感と満足感が何回でも得られることになる。これが心が満たすことに通じるのでしょう」。

調査結果でも明白に

リサーチャーのデール氏と研究生たちはこれまでに、2000人ほどの参加者を募って、9つの調査を行っている。そのひとつは、擬似旅行である。これは、参加者たちをAとBの2つのグループに分け、実際にバス・ツアーやグルメめぐりなどのアクテビティを行ってもらうものだ。Aのグループの人たちには、行き先の要所要所で写真を撮影してもらい、Bのグループの人たちはカメラを持たずに参加してもらった。

2

Source:Flickr

そして旅行が終了した後、AとBの両グループの人たちに対し、「今日は、楽しかったですか?」、「何が一番、印象に残っていますか?」など、簡単なアンケートを行った。その結果、写真を撮影したAのグループに属した人たちは「楽しかった!」「あそこの場所が、すごく面白かった」など、具体的に楽しかった場所を数多く挙げ、圧倒的にポジティブな返答をしたという結果が得られた。

写真撮影のための旅?

しかし、旅の最中に写真ばかり撮っていては、あたかもそれだけのために旅行をしているような感覚に陥るのではないか?という疑問がここでわいてくるかもしれない。ところがデール氏によれば、その心配はないという。

「画像として思い出に残したいほど魅力的な場所を探すことは、視覚や聴覚など五感を大いに刺激するので感性を磨くことに通じます。その上、何でも知りたい!という好奇心を満たす楽しみも伴うので、決して写真撮影に精神的に振り回されることはありません」

しかし逆に、自分の好みではない場所、つまり、写真を撮るほど魅力的とは思えない場所に関しては、無理に撮影する必要はないという。あまり気に入らない場所を無理に記憶に残しておくよりも、忘れてしまったほうが心にとっても好ましいという。

222

しあわせを感じる心、安定した精神

目の前に広がる絶景を眺めていると爽快な気分になり、無意識のうちに心が和んでくる。ちょっと心が病んでいるな、とか、ストレスがたまっているな、と感じたときならなおさらだ。気分転換でこうした場にたたずめば、心が晴れ晴れとしてくることに気がつくに違いない。

そんな旅先で出会う美しい光景、たとえば、海原や森林など雄大な自然を撮影した画像を眺めていると、自分が抱えていた悩みがどれほど小さく、無意味だったかに気づかされることもあるだろう。雄大な自然の中に我が身を置くことと同様、こうした画像は人の心に訴えかけ、ダウンした精神状態をポジティブな方向へシフトしてくれるパワーを持っているといえるのではないだろうか。

このことからもわかるように、何度でもくりかえし眺めていたい!と思わせる場面をキャッチし画像に残すことは、無意識のうちに心を満足させていることに通じるのだろう。

元来、自然と密着した生活を送りつつ、生きとし生けるものを尊重する文化を築いてきた日本人は、美しいものを瞬間的に捕らえ、愛で続けることに長けている国民である。忘れ難い光景や建築物、そしてアート作品など、心に響いたものすべてを画像に残すことで心が満たされ、幾度も眺め返すことによって思い出の余韻に浸る過程で、さらに豊かな心がはぐくまれていく……。この心があるからこそ、日本人は、安定した精神が保てるのかもしれない。世界のどこかの観光地に行ってシャッターを切るたびに、「また写真撮ってる!日本人だよ」と揶揄されようとも、旅に出たらまず、シャッターを切ったほうがしあわせになれるのであれば、それに越したことはないといえそうだ。

【参考:画像】

※ Scientias