ニューヨークの住民33人をゾンビ化させた「合成大麻」の正体

写真拡大

ニューヨークで33人が緊急搬送された「合成大麻」の副作用問題について、当の薬物の危険性を解説。

「ニューヨークの住民33人をゾンビ化させた「合成大麻」の正体」の写真・リンク付きの記事はこちら

7月14日(現地時間)、ブルックリンのある区域で33人が病院へ運ばれた。合成マリファナを吸ったためだ。彼らは自力で立っていられないほどで、その光景を見た人は「まるでゾンビ映画のようだった」と話している。

警察や新聞は、原因となったマリファナは「K2」だと伝えた。

スパイス、スクービー・スナック、ブラックマンバ、ブリス…。呼び名はなんであれ、「合成マリファナ」とはマリファナをまね、多種多様な化学物質を混ぜ合わせたものだ。

こうした化学物質はあまりにも作用が強いうえに、使用者自身が自分が何を吸っているか認識していないため適量を判断するのが難しい。要するに、危険なのだ。

合成マリファナの起源は1990年代初頭に遡る。クレムゾン大学のジョン・ハフマンという名の化学者が化学物質を合成し、マリファナの主要な精神活性含有物と同じ働きをする機構をつくり出した。これが「テトラヒドロカンナビノール」(THC)である。

ハフマンは誰かの気分を高揚させることを意図したわけではなく、脳の働きを解明しようとするほかの研究者の支援になればと考えたようだ。THCのようなカンナビノイドにより活性する神経受容体のネットワークの研究だ。

RELATED

だが、人々はドラッグが大好きで、彼らはハフマンの研究を利用し製造し始めた。そして2011年3月に米麻薬取締局(DEA)が規制薬物として「Schadule 1」に分類するまで、合成マリファナは合法だった。

規制によると、Schadule 1に定義される薬物は中毒性が高く、医療用として無価値で危険だとみなされている。翻って、天然のマリファナはおそらくそのカテゴリーには分類されないとする声もある。「(この薬物を)『合成マリファナ』と呼ぶのはふさわしくないでしょう。人々はマリファナがそれほど有害なものだとは思っていません」と、ノースカロライナ1州RTIインターナショナルのシニアフェローであるジェニー・ワイリーは語っている。

問題なのは、合成マリファナが天然のマリファナよりも薬物として強力なことだ。「さまざまな合成マリファナに使用されている化学物質は、THCよりも少ない濃度で受容体部位に結合できる」とワイリーは語る。

K2のような合成物質がもたらす強力な反応を、ワイリーは「ダブルパンチ」とワイリーは形容する。「結合がよくなるだけでなく、受容体を活性化させます。THCよりも効率的に」

合成マリファナの効果は、その摂取量が少なければマリファナと似たようなものだ。が、合成マリファナは強いため、すぐに手に負えなくなる。人々が発狂し、気絶し、ゾンビ化する。

さらに、薬物の製造は常に新しい化学結合が伴う。「製造に品質管理はない」とワイリーは話す。使用者は今月吸っているものが先月と同じものかどうか分からない。あるいは、吸っているものが合成マリファナであるかどうかさえ不明なのだ。「袋の中に何が入っているか分からない」と彼女は言う。「バスソルトかもしれないのにね」