『テレビ・雑誌・ネットが絶対言わない美容医療の最新事情 ここまでできる! 上手な活用法と注意すべきポイント』

写真拡大

 美容医療業界を20年以上にわたり取材し続けたジャーナリストが明かす、『テレビ・雑誌・ネットが絶対言わない美容医療の最新事情 ここまでできる! 上手な活用法と注意すべきポイント』が2016年7月14日(木)に発売された。

 エステや化粧品では満足できない。でも、美容医療は怖いと思う人は多いのではないだろうか? アンチエイジング、プチ整形がブームになり、女性だけでなく男性も容貌を良くするための選択肢がぐっと増えてきている。特に、メスを使わない「プチ整形」は「簡単で安い」「短時間でできる」「気に入らなければ何度でもやり直しできる」と喧伝され、気軽に受けられるもの、という認識が広がりつつある。

 ところが、時々新聞等で報道される通り、美容医療のトラブルは絶えない。厚生労働省のチェックがしっかりと行われている一般医療と違って、美容医療はチェックがほとんどなく、美容外科に至っては「日本美容外科学会」という同じ名称の学会が2つある(!)ために、統一的な指導も行われていない。したがって治療のことよりも、お金儲けのことを第一に考えている医師が多いのが現状なのだ。同書では、現代の美容医療でどこまで人間の容姿を変えることができるのかを、最新情報とその上手な受け方、それぞれの治療の長所・短所を明らかにしながら、「技術」「経験」「人格」を備えた医師を選ぶにはどうすればいいかかなど、徹底的にレクチャーしてくれる。

<同書の内容>(一部抜粋)

・美容医療で、どんなことができる? 費用はどのくらい?

 例)シミ取り/シワ取り/脱毛/植毛/二重まぶた/隆鼻/小顔/ダイエット/歯列矯正…

・雑誌・ネットの情報を信じてはいけないワケとは?

・信頼できる医師・クリニック/行ってはいけないクリニックの見極め方とは?

・失敗しないカウンセリングの受け方とは?

 付録として「全国美容医療信頼の名医90人」のリスト付。興味がある、これから利用してみたいと考える人必読の1冊となっている。

■『テレビ・雑誌・ネットが絶対言わない美容医療の最新事情 ここまでできる! 上手な活用法と注意すべきポイント』

著:大竹奉一

発売日:2016年7月14日(木)

出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

※掲載内容は変更になる場合があります。