『あなたの脳は一生あきらめない!』

写真拡大

 脳の持つ「認知予備力」について書かれた『あなたの脳は一生あきらめない!』が、2016年7月13日(水)に発売された。

 ボケる、ボケないは「認知予備力」で決まる。認知予備力とは、「脳の神経細胞の結びつきの強さ」のこと。認知予備力が高い人ほどボケにくく、認知症のリスクを跳ね返せるのだ。

 私たちの脳には、「あきらめない力」が宿っている。認知予備力は何歳からでも鍛えることができ、あきらめなければ成長を続けていく。同書では、3万人以上を診てきた「もの忘れ外来」の名医が教える「認知予備力を高める脳活メソッド」を紹介している。

<主な内容>

・脳が若い人と老けた人は、脳細胞の「つながる力」の強さで分かれる

・脳内にアミロイドβがたまっても認知予備力が高ければ大丈夫!

・朝から晩まで仕事に追われる忙しい人ほどボケやすい

・脳は「ぼんやり」しているときのほうが活性化している

・「気持ちを込める」と、新しい脳回路のつながりができやすい

・週3回30分のウォーキングは「ボケない脳づくり」に不可欠

・「懐かしい音楽」を聴きながらぼんやりすると記憶が呼び覚まされる

・睡眠は脳のメンテナンスタイム! 日中は30分以内の昼寝がオススメ

■『あなたの脳は一生あきらめない!』

著:奥村歩

価格:1,296円(税込)

発売日:2016年7月13日(水)

出版社:永岡書店

奥村歩(おくむら・あゆみ)

1961年生まれ。医学博士。おくむらメモリークリニック院長。日本脳神経外科学会(評議員)・日本認知症学会(認定専門医・指導医)・日本うつ病学会他の学会で活躍。岐阜大学医学部卒業。同大学院博士課程修了。アメリカ・ノースキャロライナ神経科学センターに留学後、岐阜大学医学部附属病院脳神経外科病棟医長併任講師に。2008年におくむらクリニックを開設。2015年におくむらメモリークリニックを開設し、脳神経外科医の視点から「もの忘れ外来」を中心とした診療を展開している。全国から毎日100人以上の受診者が来院し、今までに3万人以上の認知症の診療経験がある。その一方で、一般向けに認知症の予防・早期発見・治療を啓蒙する活動を精力的に行なっている。

※掲載内容は変更になる場合があります。