桐谷・山崎の“梅干しキス”の行方は?夏の月9ドラマはベタなのがいい
 2016年夏ドラマが始まった。月曜から日曜日ごとに、ドラマ好きライター小林が初回放送をもとに見どころ、個人的な突っ込みポイントを紹介していく。ザザーっと放送ラインナップを確認して、一言。「オリンピック放送に負けるな! 日本ドラマ!」というところだろうか。どれが金メダルに輝くか、まだ勝負は始まったばかり。まずは毎週月曜放送の月9から。

◆桐谷・山崎の「梅干しキス」の行方

「好きな人がいること」
(フジテレビ/月曜21時〜/出演:桐谷美玲、山崎賢人(※)、三浦翔平、野村周平)

 夏の風物詩、きました。

 仕事を失って落ち込んでいたパティシエ・櫻井美咲(桐谷美玲)の前に現れたのは、学生時代に好きだった柴崎千秋(三浦翔平)だった。彼に誘われて海辺のレストランで夏の間住み込みで働くことになった美咲。イケメン3兄弟との共同生活で、4年間キスもしていない恋愛から干された彼女に、恋は芽生えるのか?

 夏の月9といえば、「海」に「イケメン」に「同居」、ときどき「レストラン」だ。1997年放送「ビーチボーイズ」では、反町隆史と竹野内豊が海で民宿のスタッフに。2013年放送「SUMMER NUDE(サマーヌード)」では、山P主演で香里奈が海の家で料理を作っていたことを思い出す。

 そう、ベタもいいから夏のこの枠は今後もこのままの方向でお願いしたいところ。こんなハーレムはないとわかっているけれど、ドラマでくらいは夢を見たっていいじゃないかと思う。

 というわけで、本作の注目ポイントはベタだけどここ。ヒロイン・美咲と、同じ厨房で働く次男でレストランシェフの夏向(山崎賢人)との恋の行方だ。ドジッ子な美咲とぶっきらぼうな夏向は出会った瞬間からバチバチとしたやりとりを繰り広げるのだが、初回からキスする急展開が話題に。

 今後、どんなふうに恋愛へと変化していくのか楽しみだ。キスの最中、唇を突き出して梅干しのような形にするのが美咲流。まんま、ふたりのキスシーンではぷにゅっと唇同士が重なり合う様子がリアルでよかった。

 1話のラストシーンに菜々緒がちらっと出てきたのだけど、すでにラスボス感の風格さえ漂わせていることにも注目。菜々緒ってどこに行っちゃうんだろうか……。テレビ朝日「七人の刑事」と掛け持ちで頑張る、不動産屋役の吉田鋼太郎は蓋を開いてみたらオカマでしたとか、ギャグな展開を期待。

※山崎賢人の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。
 
<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k