スマホで操作、おいしい炊き上がり

写真拡大

三菱電機は、IHジャー炊飯器「備長炭 炭炊釜 NJ-VA10形」を2016年7月21日に発売する。FeliCaまたはNFC対応のAndroidスマートフォン(スマホ)向け「三菱ジャー炊飯器 音声操作アプリ」を使用して、タッチ入力と業界初だという音声入力で簡単に炊飯設定ができる。

「音声確認」機能で、米の銘柄や炊き上がりの食感などの炊飯設定や炊飯時間を、いつでもどこでも確認可能。

「あきたこまち」「コシヒカリ」など代表的な米の10銘柄が登録された「銘柄芳潤炊き」機能を備え、スマホから好みの銘柄を選んで炊飯器にかざせば、米の特性を引き出した最適な炊き上がりを実現。またレシピサイトと連動し、赤飯や五目ご飯など希望のレシピをスマホの音声/タッチ入力で選んでかざすだけで簡単に設定できる。

新「熱密封かまど構造」の採用により火力を約15%アップし、「かまどごはん」の味を再現する。新「熱密封リング」で内釜の側面と本体の隙間をなくし、熱を逃がさず効率的に加熱するほか、内釜上部に空間をつくることで吹きこぼれを抑制。最大炊飯容量は5.5合(1.0リットル)。

価格はオープン。