iPS細胞のハゲ治療は何年後?(※イメージ)

写真拡大

 前頭部や頭頂部の髪が薄くなるのが特徴で、20代から発症する例もあるという男性型脱毛症「AGA」。いわゆる“若ハゲ”のことを意味するが、そんな症状とは無縁で髪の毛なふさふさ本誌記者(33)が、薄毛に悩む先輩記者のために、50歳を過ぎてもハゲない方法を探るべく立ち上がった。

 訪ねたのは、毛髪研究の第一人者である大阪大学大学院医学系研究科の板見智教授(皮膚科)。まず、わかったのは、「AGA」が「男性ホルモン」が実行因子として作用するため遺伝の要素が強いこと。だからといって、先祖に薄毛の人がいなくても、先祖のさまざまな遺伝子が組み合わさって「多因子」がそろえば、ハゲる可能性はあるという。つまり、木村拓哉もディーン・フジオカも岩田剛典もハゲない保証はないのだ。

 スターと肩を並べたことで、ようやく当事者意識が出てきた。では、もし症状が始まったら、防ぐ手立てはないのか。

「ゴールデンスタンダードとされる治療法を試してみるしかないですね」

 おおっ、ゴールデンスタンダード! いい響きだ。

 板見教授が「確実性が高い」として推奨するのは、薬物療法と外科的治療だという。このうち薬物療法には、内服薬と外用薬の2種類があるそうだ。

 まず、代表的な内服薬は「フィナステリド」。髪の毛が年々薄くなっていくのを止め、「現状」を維持できるという。

「現状維持という意味では、9割以上の人に効果があります」

 AGAには、前述のように男性ホルモンが関係する。もう少し詳しく説明しよう。毛乳頭細胞に男性ホルモンが入ると、細胞内の還元酵素によって男性ホルモンが違う性質に変化し、脱毛作用を起こす。

 2005年に登場したフィナステリドはその酵素の作用を妨げる、つまり「男性ホルモンを変身させないぞ!」という気概と威力を持った薬だそうだ。

「男性ホルモンによる脱毛作用を止めることによって、髪の毛が伸びるスピードが正常に戻るんです。とんでもなく髪の毛が生えてくるという人は1割ほど。ある程度見た目が回復する人が半分くらいはいます。写真で見ると明らかに違うから、かなりの人の満足度が上がっているでしょう」

 フィナステリドは医療用医薬品。入手するなら、医師の診断と処方箋が必要だ。

 通院不要の外用薬もある。「ミノキシジル」という成分が含まれる発毛剤だ。どんな“汁”かと思ったら、一般用医薬品としてドラッグストアなどで売られている「リアップ」(大正製薬)などがそれだった。こちらは男性ホルモンの作用には影響しないという。板見教授が続ける。」

「毛乳頭細胞を標的にするという点では、フィナステリドと同じです。ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけ、毛の成長を促進する因子を誘導します」

 ミノキシジルを5%配合した薬品が標準的だが、多様な商品群の中には「12%配合」や「16%配合」なんてものもある。なるべく高濃度の薬を選べば、髪がふっさふさになる……と思ったら、そうでもないらしい。

「大量に配合されていても十分には溶けず、毛乳頭細胞まで届きません。たくさん入っていれば効くというようなキャッチコピーで売っているだけで、科学的根拠はありません」

 安易な考えにピシャリ。日夜、薬を塗っている先輩記者が財布と頭皮に余計なダメージを受けているのではないかと心配になった。

 フィナステリドは脱毛の抑制。ミノキシジルは成長の促進。副作用はどうか。

 フィナステリドは元来、前立腺肥大症の薬だった。男性機能の低下や性欲の減退が副作用として考えられるという。先輩、ヤバいっす。ただ、副作用の程度はごく軽いと言われている。

 ミノキシジルは元々高血圧の薬だった。その副作用に多毛が見られたため、発毛剤として使われるようになった。血圧が低い人は注意が必要という。

 実は最近、新しい薬品が登場している。「デュタステリド」だ。AGAは、細胞内の還元酵素によって男性ホルモンが変換されるのが原因だが、さらに詳しく言えば、還元酵素には2種類ある。

「フィナステリドはそのうち1種の阻害剤。デュタステリドは2種とも阻害できます。新しい治療手段が加わったと考えていいでしょう」(板見教授)

 板見教授が勧める治療のうち外科的治療とは、「自毛植毛」。かつては「人工毛植毛」もあったが、拒絶反応や炎症を招く恐れがあり、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」では「行わないよう勧められる」とされている。

 自毛植毛は、髪の毛が生えている後頭部の皮膚を切除→毛髪をつくる毛包ごとに株分け→頭の脱毛部分に移植……という手法だ。術後、抜けては生えるというサイクルを繰り返し、数カ月で効果が実感できるという。ただし、保険は適用外。移植の範囲にもよるが、費用は数十万〜150万円くらいかかるそうだ。

 薬にしても手術にしても、効果には個人差がある。治すのでなく、止める治療だから、鏡を見て「おやっ」と思ったら、早めに受診したほうがいい。うまくいけば、加齢の影響が出る40〜50代まで「維持」できるかもしれない。

 巷には、多くのハゲ防止法があふれている。「ゴールデン」がつかないまでも、ほかにやってみるべきことはないのだろうか。

「あのね」と板見教授。

「薄毛の歴史は数千年前までさかのぼるんです。古代ギリシャのヒポクラテスやアリストテレスも薄毛に悩み、動物の糞尿を治療に使ったと言われています。でも、薄毛の治療法が確立されたのは1990年代に入ってからです。それ以前に広まった“治療”には、信用に足る証拠がない」

 科学的根拠のない粉末を頭に振りかけたり、ブラシで頭をたたいたり、マッサージで頭の血流を高めたり……そうした行為を板見教授は「イリュージョン(奇術)に過ぎない」という。

「帽子をかぶっていると蒸れて毛が抜けるとか、汗っかきはよくないとか、そういう言説にも確たる根拠はありません」

 近年、細胞を活用した“毛髪再生医療”が宣伝されているが、これにも注意が必要という。

「再生医療安全性確保法に則った申請をしたうえで治療をしているのか、不安が拭えません」

 同法は、民間の医療機関による再生医療の実態をつかむために14年に施行された。これにより医療機関は事前に厚生労働省に届け出ることを義務づけられた。裏を返せば、科学的根拠のない治療が横行しているから規制をかけたとも言える。

 さて、お待たせしました。再生医療といえば、よく耳にする「iPS細胞」ってどうなのか。iPS細胞を使った毛髪再生もマウスでは成功しているがヒトではまだハードルが高い。

 本人の毛髪が生えている頭皮から細胞を取り出し、何十倍にも培養したうえで、薄毛部分に注入する。これで頭にざっくざくと黒髪が生えてくる……ざっくり言うとそんな前評判だが、板見教授はこう話す。

「まだ臨床に応用されたばかり。安全性について極めて厳密に見ている段階です。身近な治療法になるにはあと50年……少なくとも私が生きている間には実現しないでしょうね。そもそも医療として薄毛の優先順位は低いですから」

 うーむ。どこかもどかしいが、これが限界か。

「脱毛のメカニズムがわかって25年。今後の25年も薬物療法が主役であるのは間違いありません。ちゃんとした皮膚科で診てもらうことが大事です」

 とくに40〜50代だと、薄毛が加齢のせいなのかAGAなのか、その見極めが医師でないと難しい。

週刊朝日 2016年7月22日号より抜粋