“若ハゲ”のメカニズムとは?(※イメージ)

写真拡大

 抜け毛や薄毛に悩む全国1千万人の男性を救うため、髪の毛ふさふさで、独身で、遅めの青春を謳歌している本誌記者(33)が立ち上がった。若ハゲを防ぐ正しい方法とは──。

 抜け毛の仕組みを解明した──。東京医科歯科大学の研究班がそう発表したのは今年2月だった。

 何やら小難しい内容だったが、編集部で話題にしたところ、髪の薄い先輩記者たちが「大ニュースじゃないのか!?」と騒ぎだした。

 自慢じゃないが、私の頭髪は元気潑剌で、頭頂部の毛が「ジャックと豆の木」のごとく上に上にぐんぐん伸びる。美容院に支払う費用がもったいないほどだ。

 そんな私にとって「ハゲ」などひとごとに過ぎないのだが、行きがかり上、黒髪を揺らして取材に走るはめになった。

 冒頭の発表によれば、毛を生やす働きを持つ「毛包幹細胞」というのがある。年を取ると、この細胞が毛髪をつくる機能を失い、フケや垢とともに脱落していく。加齢とともに毛包幹細胞の維持に必要なコラーゲンが分解されてしまうのが要因で、そのコラーゲンの枯渇を防げば毛が抜けにくくなるというのだ。

 ふむふむ。で、そのコラーゲンを補うにはどうすればいいのか。ところが、発表文はそこに触れていない。「本研究成果は、老化の仕組みについて新しい視点を与えると同時に、脱毛症の治療法の開発へと繫がることが期待できる」と結ばれているだけ。研究班に取材を申し込むと、多忙を理由に断られてしまった。

 こりゃ記事にならん。先輩の独身薄毛記者(36)に報告したところ、「コラーゲン以外にも調べることはあるだろう。俺なんて……」と、説教のような身の上話が始まった。先輩はここ数年、1本1500円の育毛剤を1カ月で費消している。何百もの突起がついたヘッドマッサージャーなる道具で頭皮に刺激を与えてもいるとか。

 黒髪で覆われた頭を搔きながら聞いていた私は、指先の感触に深く感謝しつつ、再び取材に入った。

 大阪大学大学院医学系研究科の板見智教授(皮膚科)の著書『専門医が語る 毛髪科学最前線』(集英社新書)を読んだ。それによると、薄毛を気にしている男性は全国に800万〜1千万人もいるという。門外漢の私にとっては衝撃的な数字だ。

 薄毛に見舞われると、他人の目が気になり、対人関係、ひいては自分に自信を持てなくなる人もいる。深刻な問題なのだ。

 同書やインターネットの情報を読み進めて気づいた。ハゲにもいろいろあるのだ。【1】円形脱毛症【2】加齢による薄毛【3】男性型脱毛症──の三つに大別されるらしい。【1】はストレスなどが影響する特殊な存在とみていい。【2】は生き物の宿命である。冒頭の東京医科歯科大学のコラーゲン研究の進展を待つしかない。

 考えるべきは【3】だろう。

 最近、ネット広告や街角で「AGA」というアルファベットをよく見かける。「アンドロジェネティック・アロペシア」の略で、これこそが男性型脱毛症のことだ。前頭部や頭頂部の髪が薄くなるのが特徴で、20代から発症する例もある。私には無関係だが、いわゆる“若ハゲ”である。

 育毛サロン、ヘッドスパ、育毛剤、発毛剤、薄毛シャンプー、育毛ブラシ、植毛ロボット……対策方法や関連商品は市中にあふれている。どれが最善手なのか。そもそもハゲを治すのか、防ぐのか。植毛もアリなのか。自分に切迫感がないだけに、どこから手をつけたらいいかわからない。

 新幹線で大阪に向かった。何はさておき毛髪研究の第一人者たる板見教授を訪ねるのが正解だろう。

 板見教授は63歳。ロマンスグレーの髪に丁寧な櫛が入っていた。

「先生、若ハゲを治す方法を教えてください」
「遺伝要素が強く、完全に防ぐことは不可能です」

 いきなりカウンターパンチを食らった。そんなはずはない。育毛クリニックや育毛剤が世にあふれているではないか。心を静め、AGAのメカニズムについて教えを乞うた。

 板見教授によれば、それぞれの人が持つ遺伝子を素因とし、思春期のころから分泌が増える「男性ホルモン」が実行因子として作用することで、薄毛になるという。

 遺伝の要素が強いなら、家系をさかのぼって薄毛の人がいなければ安心なのか。ふと、父、祖父、曾祖父の顔が浮かんだ。オッケー。誰もハゲてない。

「そんな単純な見方ではダメです。多因子遺伝と言いますが、複数の要素がかかわり、その組み合わせで発症する。現在判明しているだけでも16以上の遺伝子がかかわっているんです」

 先祖にはっきりとした薄毛の人がいなくても、父方と母方の先祖のさまざまな遺伝子が組み合わさることによって「多因子」がそろってしまうというわけだ。つまりこの私も、木村拓哉もディーン・フジオカも岩田剛典もハゲない保証はないのだ。

週刊朝日 2016年7月22日号より抜粋