終盤にスコアを伸ばしたステンソン、嬉しいメジャー初制覇!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全英オープン 最終日◇17日◇ロイヤルトゥルーン(7,190ヤード・パー71)>
 海外男子メジャー「全英オープン」の最終日はフィル・ミケルソン(米国)とヘンリック・ステンソン(スウェーデン)の最終組2人による熾烈なデッドヒートとなった。
全英オープンの特選フォトギャラリー
 
 前半から異次元のプレーを展開する2人。ステンソンが1打リードし、バックナインに入るが、最難関の11番をボギーとしミケルソンに追いつかれる。しびれるプレーが続くがステンソンは14番から怒涛の3連続バーディを奪取。最後もバーディで締め、トータル20アンダーでフィニッシュ。2000年にタイガー・ウッズ(米国)がマークした全英の最多アンダーパー記録を1打上回るスコアを叩きだし、悲願のメジャー初制覇を達成した。
 ステンソンは2013年にミケルソンに敗れこの大会で2位に。そのリベンジもしっかり果たし、さらに母国に初のクラレントジャグをもたらした。
 ミケルソンはトータル17アンダーで2位。トータル6アンダー3位にJ・B・ホームズ(米国)、トータル5アンダー4位にはスティーブ・ストリッカー(米国)が入った。
【最終結果】
1位:ヘンリック・ステンソン(-20)
2位:フィル・ミケルソン(-17)
3位:J・B・ホームズ(-6)
4位:スティーブ・ストリッカー(-5)
5位T:ローリー・マキロイ(-4)
5位T:タイレル・ハットン(-4)
5位T:セルヒオ・ガルシア(-4)
8位:アンドリュー・ジョンストン(-3)
9位T:ダスティン・ジョンソン(-2)他
72位T:池田勇太(+13)他
79位T:市原弘大(+18)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>