13日、南京日報は記事「リオ五輪を目前に控え、中国選手団がマナーを勉強」を掲載した。リオ五輪開幕まで1カ月を切るなか、中国選手団は最後の準備にいそしんでいる。その中には国家代表として恥ずかしくないマナーの習得も含まれているという。

写真拡大

2016年7月13日、南京日報は記事「リオ五輪を目前に控え、中国選手団がマナーを勉強」を掲載した。

リオ五輪開幕まで1カ月を切るなか、中国選手団は最後の準備にいそしんでいる。その中には競技の練習だけではなく、国家代表として恥ずかしくないマナーの習得も含まれているという。12日に初となるマナー講習が開催され、選手やコーチ500人が参加した。

研修責任者である中国体育報業総社ニューメディアセンターの曹勇(ツァオ・ヨン)主任によると、講義の内容はメディアとの付き合い方から一般マナー、新時代における五輪の価値観、中国に関する知識など多種多様な内容を含んでいるという。しっかりと勉強して、「中国スポーツのポジティブエネルギー」を世界に伝えてほしいとコメントした。(翻訳・編集/増田聡太郎)