「人間は一度教わると、その教わったことしかできなくなる」。教育についてハッとさせられる13の言葉

写真拡大

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっています。

彼は日常的に感銘を受けた言葉をすべてメモに書き留めるクセがあるそうで、ここではそれらをまとめた書籍『人をつくる言葉』から、「教育」に関する言葉をピックアップしてみました。

01.
金を残すものは下
仕事を残す者は中
人を残す者が上

政治家であり医師でもあった後藤新平(1857〜1929)の言葉です。私は常々、「上」になりたいと考えてきました。したがって、受賞したノーベル生理学・医学賞の賞金は、人材育成のために効果的に使ってくれる法人などに差し上げたいと考えています。

02.
大学の勉強は、
本に書いていないことを
考えることができるようになるため
するものである

大学での勉強は65点くらいでいいのです。制度ですから最低点はとらなければいけませんが、「優」をとる必要はありません。その分、自分が好きなことをやったほうがいい。

03.
人の言うことは半分聞け
あとは自分で考えて行動に移せ
おそらくうまく行かない
しかしそこに独創性が生まれる

創造性は行動の起点となるアイデアを生み出す「もと」です。誰も考えないようなことを考えて、それを物なり形なりにしてみせれば、その仕事は必ず評価されます。「人の真似は絶対にしない」と絶えず意識していれば、おのずと創造性は生まれてきます。

04.
人間は一度教わると
その教わったことしか
できなくなる

思想家であり美学者でもあった柳宗悦(1889〜1961)が、染色工芸作家の柚木沙弥郎氏に送った言葉です。教わりすぎることは、その人が本来備えていた個性を萎縮させてしまいます。

05.
ほどほどに
脳に空間を用意することが教育だ

教育において創造性を啓発するためには、自分で考えさせなければなりません。そのためには、「こう教えてもらったが、自分はどう考えるか」という思考実験をする余裕が脳に必要なのです。

06.
いかなる言葉をもってしても
真意を十分に伝えることはできない
行動を見せて初めて可能になる

自分が思っているほどには、他人は自分を理解してくれていません。そして、自分の思いを伝えるには、百の言葉よりも一つの行動です。とくに難しい仕事に取り組む際には、自らが率先して行動し、その仕事に真摯に取り組んでいる姿を見せなければ、人は決して動きません。

07.
教えるということは
共に希望と夢を語ることだ

吉田松陰は弟子たちと一緒に生活をしながら、同じ目標に向かって仕事をしていました。そこで私も、郷里の山梨県の生家を改築し、螢雪寮と名づけた塾を作りました。今でも時々その家に行き、若い人たちと寝食をともにし、研究の発表会や討論をしています。

08.
芸術は目から摂取する栄養である
口から入る栄養は
身のためにならないことがあるが
目から入る栄養は
身心に害になることはない

熱海市のMOA(Mokichi Okada Association)美術館を訪ねた際に思ったことです。芸術には、計り知れないパワーがあります。アウシュヴィッツ強制収容所から生還したヴィクトール・フランク(1905〜1997)も、「芸術は人の魂を救い、生きる力を与えるものだ」と言っています。

09.
子どもが両親のいうことを
すべて聞くようでは
両親を越えて
立派に成人することはできません

子どもが親の教えをすべてそのまま受け入れて、その行動の真似をするだけでは、親のレベルは超えられません。親は子どもが自由に工夫をする余地を残してあげながら、大きく包んであげることが必要です。

10.
子どもを不幸にする
いちばん確実な方法はなにか、
それをあなたがたは知っているだろうか
それはいつでもなんでも
手に入れられるようにしてやることだ

フランスの思想家であるジャン=ジャック・ルソー(1712〜1778)の言葉です。ルソー著『エミール』(今野一雄訳、岩波文庫)より。やはり子どものうちは、多少なりとも厳しいことをやらせたほうがいいと思います。動物行動学者のコンラート・ローレンツ(1903〜1989)も、「人間も若いうちに肉体的な苦労をさせないと、大人になってから不幸になる」と言っています。

11.
人の感動を呼ぶのは
その人の努力の結果である

オリンピック関係のテレビ番組を見て思ったことです。スポーツの素晴らしさは、日頃の努力の成果を競うその姿にあります。それは、努力の素晴らしさを知ることにも繋がります。

12.
書読めば昔の人はなかりけり
みな今もあるわが友にして

江戸時代の国学者・本居宣長(1730〜1801)の歌です。国学者として後世に偉大な業績を残した宣長は、古今の書籍やそこに記された教えについて、身近に感じるほどに深く慣れ親しんでいたのでしょう。何か大きなことを為すために、読者がいかに重要かがよくわかります。

13.
人のためになることを
考えてやりなさい

子ども時代、祖母から繰り返し教えられた言葉です。私は、研究の分かれ道が来るたびに、この言葉を思い出して判断を下してきました。何か一つでも人のためになることができないかを考えて、微生物がもっている能力をなんとか引き出す方法を求め続けてきたのです。

ノーベル賞化学者がメモしていた「読むと希望が湧く」14の名言
仕事に行き詰まった時に読み返したい「14の言葉」
『人をつくる言葉』著:大村智

ノーベル生理学・医学賞受賞の化学者が四半世紀つづった、生きる希望となる待望の箴言集。