19歳から29歳の男性に兵役が義務付けられている韓国では、「精神疾患の偽装」「故意の入れ墨」などの手口で兵役逃れが横行する。背景には最近の若者意識の変化もある。写真は韓国。

写真拡大

2016年7月16日、19歳から29歳の男性に約2年間の兵役が義務付けられている韓国。兵役逃れの手口もさまざまで、「精神疾患の偽装」「故意の入れ墨」などが横行する。背景にあるのは、最近の若者意識の変化。3割以上が、朝鮮戦争のような戦争が勃発した場合に参戦の意思がない、との調査もある。

朝鮮日報などによると、兵役逃れの不動の1位は「精神疾患の偽装」。「故意の入れ墨」「故意の体重増・減量」と合わせ、大半を占める。1990年代終わりから2000年代初めまでの「お決まり」の手口と言えば、「肩の脱臼手術」「高血圧の偽装」「近眼など視力の偽装」だったが、大きく様変わりしている。

35歳の男性は、05年から5年間で42回にわたり診察を受け、幻聴や対人恐怖症を訴えた。実際には異常がないことを悟られないように医者の前では一言も話さず、障害に関する診断書を獲得。ついに10年に兵役免除となった。しかし、この男性は居酒屋経営の幹部として働くなど、精神疾患とは縁遠い人物だった。

2位は入れ墨。韓国・文化日報は兵務庁が12年4月から今年5月末までの兵役逃れの類型を集計した結果、「故意の入れ墨」で検察に送致された件数が全体(165件)の23.0%(38件)を占め、1位の「精神疾患の偽装」の26.7%(44件)に続いた、と報じた。

これを受け、兵務庁は入れ墨による兵役逃れを根絶するための対策を検討。身体検査の際、入れ墨の大きさによって合否などを決定しているが、科学的かつ体系的なデジタルフォレンジック捜査手法を導入し、容疑の立証能力を強化している。入れ墨施術者に対する処罰も強化。施術者が兵役法に違反することを知りながら手術した場合は、共犯として検察に送致される。

一方、韓国・ニューシスなどによると、韓国国民安全処が全国の成人男女、大学生、青少年各1000人を対象に実施した「国民安保意識調査」で、朝鮮戦争などが再発しても、「参戦しない」とした大学生は32.2%、青少年は38.4%。成人の14.6%と大きな開きが出た。

「戦時下において国と個人のどちらを優先すべきか」との問いでは大学生の68.8%が「個人や家庭が優先」と回答。同じ質問で「国家が優先」と答えた割合は成人で49.1%、青少年では35.6%だった。

こうした中、朝鮮日報はこのほど、脱北者の21歳の青年が空軍に志願入隊し、兵役を終え満期除隊を果たすという初めての事例が誕生した、と伝えた。脱北者に兵役義務はないが、1984年の兵役法改正以降、本人の希望があれば現役入隊することが可能となっている。

この青年の場合、兵営生活に影響が及ばないよう、空軍では脱北者である事実は徹底して伏せられ、部隊の指揮官や直属の上官のみが知る「秘密」とされていた。青年は「自分は厳然たる大韓民国国民であり男だ。男が軍隊に行くことは別に自慢にならない。国民の義務を果たしただけ」と心境を語った、という。(編集/日向)