15日、中国の通信事業者、中国電信(チャイナ・テレコム)は、南シナ海・南沙諸島の渚碧礁に建設していた4G基地局が14日に開通し、同諸島にある7つの島・岩礁が初めて4Gネットワークでカバーされたと発表した。写真は南沙諸島に駐留する中国軍。

写真拡大

2016年7月15日、中国の通信事業者、中国電信(チャイナ・テレコム)は、南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の渚碧(スービ)礁に建設していた4G基地局が14日午後6時30分に開通し、同諸島にある7つの島・岩礁が初めて4Gネットワークでカバーされたと発表した。16日付で中国新聞網が伝えた。

中国電信の7つの島・岩礁での8つの基地局建設は昨年10月に始まり、9カ月の工事を経てすべて完成した。(翻訳・編集/柳川)