Doctors Me(ドクターズミー)- 強力そうで怖い?副作用が心配?「ステロイド剤」のほんとうのこと、薬剤師に聞いてみた。

写真拡大

「ステロイド剤」と聞くと一般的には少し強いお薬のイメージを持たれていたり、「ステロイド剤は使用したくない」という拒否反応を示す方もいたりしますが、症状によって医師から処方されるステロイド剤は、治癒への近道となります。

そこで今回は、私たちにとって身近なお薬であるステロイド剤について、薬剤師に解説していただきました。

ステロイド剤とは何ですか?どのような種類がありますか?

ステロイドとは腎臓のすぐ上にある、副腎という臓器から分泌されるホルモンの一つです。
このホルモンの働きの一つに炎症を軽くする作用がある事が発見されました。

炎症を軽くする作用を応用したものがステロイド剤で、以下のような種類があります。

・軟膏
・クリーム
・ローション
・テープ剤
・錠剤
・注射薬
・吸入剤

ステロイドの炎症を抑える作用の強さにより、弱いものから強いものに分類されています。

どのような時に使用されますか?

外用薬は、アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚炎の治療に使われます。

内服薬や注射薬は関節リウマチや膠原病の治療、腎疾患、重度の感染症など多岐に渡り用いられます。

また、吸入剤は気管支喘息、気管支炎などに使用されます。

患部の場所や症状によって使い分けはありますか?

皮膚のどの部分に使うのか、湿疹の程度はどのくらいかによってステロイドの強さを使い分けます。 例えば、皮膚の薄い顔や陰部などは吸収性がよいので、中程度以下のステロイドが選択されます。

また、子供や高齢者の場合も吸収性が成人の場合と異なる為、中等度以下の強さの薬が使われます。 できるだけ、短時間の使用で治療を終えるように治療方針がたてられます。

副作用はありますか?

大量のステロイド剤を長期にわたって内服し続けた場合、以下のような副作用が起こりえます。

・感染を悪化させる
・皮膚が萎縮する
・糖尿病が悪化する
・皮膚が黒くなる
・精神に異常がでる
・骨がもろくなる

このような副作用は、あくまでも、ステロイドの内服薬を長期的に大量に使用した場合に発症する可能性があり、外用薬では、医師の指示通りに使用すれば、発症のリスクは低くなります。

このような極端な副作用の情報を恐れるばかりに、炎症がひどくなるまでステロイド薬の使用を拒否したりすると、症状が悪化して、余計に治療期間が延びる可能性が高くなる為、適切なステロイド剤の使用が望まれます。

使用上の注意点は?

ステロイド外用剤は効果の強さによって以下の5つのランクに分けられています。

・最強(strongest)
・とても強(verystrong)
・強(strong)
・中(medium)
・弱(weak)

体の場所によって薬の吸収量が違う為、症状の強さによって使い分けます。 ステロイドの外用薬の副作用は、医師の指示に従って使用量を守っていれば、ほとんど起こりません。

急にやめることで症状が悪化することもあるので、必ず医師の指示は守ってください。使用量がわからない場合は必ず、医師にお問い合わせください。

薬剤師からのアドバイス

ステロイド剤と聞くと、副作用の情報が先行する事が多く、「怖い」という印象を持つ方もいると思いますが、炎症を短期間に治して、長期的な治療に持ち込まない事が大切です。 その為には上手にステロイド剤を使い分ける必要があります。

どうしても治りが悪く、長期的に治療が必要な場合もありますが、その場合でも、ステロイド剤、非ステロイド薬の組み合わせでコントロールできるようになることが望まれます。

ステロイド薬の使用量は多すぎても、少なすぎても効果が出にくくなる為、必ず医師に炎症部位に使用する適量を聞いてください。 まずはステロイド薬を恐れずに、適正使用を守ることが治療の第一歩です。

(監修:Doctors Me 薬剤師)