<サマンサタバサ レディース 最終日◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,582ヤード ・パー72)>
 ウェア契約を結ぶサマンサタバサが主催する「サマンサタバサ レディース」で首位タイにつけて最終日を迎えた原江里菜。しかし、2バーディ・2ボギーとスコアを伸ばせずトータル8アンダーの3位タイで大事な大会を終えた。
【関連】最終日の激闘をフォトギャラリーで
 2位に2打差をつけ、トータル8アンダーで迎えたファイナルラウンド。ターゲットは周りではなく、“トータル10アンダー”まで伸ばすことだった。だが、序盤から我慢のゴルフ。ようやく8番でバーディを奪ったが、直後の9番でボギー。後半もバーディとボギー1つずつとスコアを伸ばせず「そもそもバーディパットが少なかった。2つ伸ばすことよりも“どうやってボギーを打たないか”が続いてしまった」と苦しいラウンドになってしまった。
 3位という結果は次につながる、としながらも「優勝するにはまだ気づけていない課題があると思う。そこをあやふやのまま終わらせないようにしないといけない。ただ悔しかった、では終われない」。大事なホステス大会で逃した優勝は、絶対に今後の糧にしないといけない。
 その先にあるのは目指す選手像である“ベストな調子でなくても優勝できるプレーヤー”。全米からの強行スケジュールの中で優勝争いできたことは、「そこに近づくことができた」と収穫の1つ。次戦はディフェンディングチャンピオンとして臨む「大東建託・いい部屋ネットレディス」。連覇でこの日の悔しさを晴らしたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>