ムダな努力やめません?トレンドは「盛りすぎないミニマムメイク」!

写真拡大

ベストなメイクをしようと思うほど、知識が増えてどれも試したくなり、盛りメイクや過剰なスキンケアになってしまいがち。

ですが、盛りメイクは時に自己満足になってしまうことがあります。特に男性からは、やり過ぎ盛りメイクは不評。思い切ってメイクもケアも断捨離するのが、キレイになる近道かもしれませんよ。

■ベタベタするからって、洗いすぎてない?

夏はちょっと時間が経てば汗ばむので、顔のベタベタを取ろうと1日に何度も洗ってしまっていませんか?スッキリして気持ちがよく、肌にも優しいと思ってしまいがちですが、実はそうでもないのです。

湿度がある季節ゆえに、自然と冬よりもパックや保湿をさぼってしまいます。しかし、肌はエアコンで乾燥しやすく、実はインナードライになっていることが多いのです。その上、洗顔で肌に必要な皮脂や潤いをせっせと除去したのでは、顔が乾燥しきってパサパサになってしまいます。

毎回洗顔料を使って洗うのは避けるようにしましょう。汗をかいてどうしても気持ちが悪くなったら、ぬるま湯だけで洗顔するのがいいかもしれません。

■「スキンケア重ね」から解放されよう

肌に良かれと思い、洗顔後の化粧水、美容液、乳液、保湿クリームを重ねまくると、逆に肌が疲れてしまいますよね。減らしたいけれど、どれも必要……と手放せないのであれば、お手入れの手間自体を省くのが得策かも。

夏はお手入れしている間に汗をかいてしまいますので、化粧水と乳液が1本になっているものを使ったり、ベースメイクをBBクリームにしたりすることで、肌の疲れを軽くできます。年中同じスキンケア方法ではなく、季節に合わせて変えてみましょう。

■適度な抜け感でメイク時間も短縮!

去年から続いているメイクのトレンドが「エフォートレスメイク」。頑張って盛りすぎず、ほどよい抜け感のメイクがトレンドですよね。

アイシャドウは、締めの濃い色を省いたり、多色使い・重ね塗りをやめてヌーディーカラーのみにすると、軽めのメイクでトレンドも抑えられます。お風呂上がりの上気した肌のような濃いチークは、思い切ってやめるのがベター。

はね上げたがっつりアイラインは、逆に目が小さく見えることも。アイラインは薄いブラウンにするか、目のキワのみ塗るかにとどめておきましょう。

盛りすぎメイクは、夏にも肌にも禁物です。思い切って断捨離して、ミニマムメイクにすると、肌にも優しく、トレンドも抑えられる素敵女子になれますよ。