16日、RFI中国語版サイトは記事「李克強首相、フンセン首相と会談し6億ドル援助を約束=南シナ海での支持に感謝か、中国メディアは報道せず」を掲載した。フンセン首相は当事国同士の対話で解決するべきと発言し、中国に理解を示した。

写真拡大

2016年7月16日、RFI中国語版サイトは記事「李克強首相、フンセン首相と会談し6億ドル援助を約束=南シナ海での支持に感謝か、中国メディアは報道せず」を掲載した。

アジア欧州会議(ASEM)のため、モンゴル・ウランバートル市を訪問した中国の李克強(リー・カーチアン)首相とカンボジアのフンセン首相は15日に首脳会談を行った。フンセン首相は、南シナ海問題は当事国同士の対話によって解決するべきだと発言。国際仲裁裁判所の判決を暗に批判した。

カンボジア華字紙・華商伝媒によると、カンボジアの支持表明に中国側は6億ドル(約629億円)もの援助で「返礼」したという。ただし中国国営通信社の新華社は首脳会談については報じたが、資金援助については取り上げていない。(翻訳・編集/増田聡太郎)