食欲をそそるカレー風味/調理=倉持光江 撮影=原務

写真拡大

時期や性別、年齢を超えて人気のカレーだが、暑くなるとさらに食べたくなってくるもの。でも今回は、カレー大好き「黄レンジャー」でも認める、カレー味のアレンジレシピをご紹介。炊き込みご飯をご紹介。使っているたんぱく質は、肉ではなく、さばの水煮缶。あとは玉ねぎやにんじんなど、常備菜があればオッケーなので、買いものに行けなかった日でもさば缶さえあれば作れるのは嬉しい。カレー好きの家族に向けて、目先を変えたカレー味のご飯を作ってみてはいかが?

【写真を見る】野菜を炒めてから、カレー粉、米の順に加えて混ぜると味が均一に混ざる。/調理=倉持光江 撮影=原務

【主菜】さばのカレー炊き込みご飯(1人分453kcal、1.6g、調理時間45分)

<材料・2人分>

さば水煮缶1/2缶(90g)、玉ねぎ1/3個、にんじん3cm、パセリのみじん切り少々、米2カップ(360ml)、ブイヨン(固形スープの素1/2個+湯1と3/4カップ)・サラダ油、カレー粉、塩、こしょう

<作り方>

(1)米は炊く30分前に洗ってざるにあける。玉ねぎ、にんじんはみじん切りにする。

(2)フライパンに油大さじ1を熱し、玉ねぎ、にんじんを炒める。油がまわったら、カレー粉小さじ2、米の順に加えてさらに炒める。米が透き通ったら、炊飯器に入れ、ブイヨン、塩小さじ1/2、こしょう少々を加えて混ぜ、普通に炊く。

(3)(2)が炊き上がったら、缶汁をきったさばを加えて粗くほぐし、さっくり混ぜる。器に盛り、パセリをふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】