知らないおじさんがついてくる…!昔の体験談を描いたマンガに「下手なホラーより怖い」との声殺到

写真拡大

そこそこ怖い話を描いたマンガに注目が集まっています。

知らないおじさんが目の前に…

このマンガを投稿しているのは、bud(金)東地区 プ-48b(@__bud)さん。

これは、budさんが実際に体験した“怖いと言えばそこそこ怖い話”のマンガだそうです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

新入社員の頃、会社帰りにすぐ帰宅せず、駅で雨が止むのを待っていたところ…。

突如、目の前に知らないおじさんが現れたそうです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

一瞬、フリーズするも「ベンチに座りたいのかな」と思い、おじさんに譲ってあげました。

しかし、おじさんは、budさんのあとをつけてきたのです!

完全に「アッこれついてくるやつですね」と感じたbudさんは、とりあえずコンビニへ避難しました。

とりあえずコンビニへ

おじさんがいなくなるまで、しばしコンビニで時間をつぶすことにしたそうです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

35分ほど経過し「そろそろ帰ろ〜〜」と外に出てみると…。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

なんと、どしゃぶりの雨の中、おじさんが外でbudさんを待っていたんだとか。

これはジーザス!

いったん、コンビニに戻って、また時間をつぶすことにしたbudさん。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

時間を見ながら、別な出口から脱出をこころみるも…。

おじさんは、別な出口の前に移動していたのです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

驚きの機敏さをみせるおじさんに、再びフリーズしてしまうのでした…。

コンビニから脱出!

「大変なおじさんにつかまってしまったぞ」と思いつつ、ほかのアイデアを思い付いたbudさん。

人を呼ぶふりをして、実家のお母さんに電話をしたそうです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

お母さんに事情は説明せず、おじさんを見ながら「お米がほしい」と伝えます。

その様子を見たおじさんは、コンビニから去っていったそうです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

budさんは、おじさんがいなくなった瞬間、コンビニから脱出に成功!

ツイートには「そこそこじゃない普通に怖いっす」、「下手なホラーよりよっぽど怖いっス!!」といったコメントが殺到していました。

―後日―

実家から、おいしいお米が届いたそうです。

Twitter/@__bud

Twitter/@__bud

budさんが無事でなによりですが、かなり怖い恐怖体験でしたね…。

※この記事のツイートと画像はbud(金)東地区 プ-48b(@__bud)さんの許可を得て掲載しています。