飼い主さんの「どうしよう」を解決したい…ペットの緊急時に駆けつける「わんにゃんコール」が登場

写真拡大 (全13枚)

ペットホテルやペットシッターではない、新しい“ペットお留守番サービス”「わんにゃんコール」が登場しました。

新しい「ペットお留守番サービス」って?

このサービスを提供しているのは、ペットシッター事業などを展開する『株式会社ペチカ』。

画像提供:株式会社ペチカ

7月13日より、「ネットワークカメラを使ったペット見守りサービス」と「飼い主に代わって緊急時に駆けつけるサービス」の提供を開始しています。

ペットのお留守番が心配

近年、旅行や出張などでペットのお留守番に悩みを抱えた飼い主さんが増えているそうです。

photoAC/acworks

しかし、既存の「ペットホテル」や「ペットシッター」などでは利用料が高額になってしまいます。

そのため、不安を抱えながら、自宅でペットにお留守番をさせる人も。

「ペットの様子を確認したい」、「万が一の時、すぐに自宅に帰れない飼い主の代わりに様子を見に行って欲しい」などの需要が高まってきています。

飼い主に代わって駆けつける

「わんにゃんコール」では、そんなペットのために、万が一の時はすぐに飼い主に代わって駆けつけてくれるそうです。

画像提供:株式会社ペチカ

外出先のスマートフォンからリアルタイムで留守中のペットの様子を見ることが可能で、ペットの異常にいち早く気付くことができます。

画像提供:株式会社ペチカ

また、ネットワークカメラに内蔵された温度センサーにより、あらかじめ設定した温度を超えたとき、故障や停電でエアコンが停止した場合など飼い主に通知。

夏場の温度上昇に気付くことができ、駆けつけサービスと併用で、熱中症の危険など最悪の事態を防ぐことが可能になります。

画像提供:株式会社ペチカ

料金は「見守りプランセット(駆けつけサービス+ペットカメラ)」が月額1,480円(税抜)、「見守り基本プラン(駆けつけサービスのみ)」が月額980円(税抜)。※駆けつけ対応や病院代は別途

飼い主さんの『どうしよう』を解決

「わんにゃんコール」は、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

『株式会社ペチカ』代表取締役の渡邊さんへお話を伺ってみました。

photoAC/ぽん太

―― 「わんにゃんコール」のサービスを提供しようと思ったきっかけを教えてください。

私の家の猫は、ペットホテルに預けると具合が悪くなってしまうことが多く利用しなくなりました。

その後、ペットシッターを利用していましたが、出張や急な残業で帰りが遅くなるなど急な依頼は断られることが多く利用しづらい環境でした。

photoAC/あとむ

仕方がないのでネットワークカメラを設置し、監視できるようにして一人でお留守番をさせていました。

しかし、監視できるだけで何かあったら『どうしよう』って思いながら留守番をさせていたのです。

仕事や旅行などすぐに帰れない環境だと、ペットの異常を発見してから自宅に帰宅するまでに時間がかかり最悪の場合、命に関わる可能性があります。

photoAC/acworks

ペットホテルやペットシッターで嫌な思いをして、ペットカメラを使ってる飼い主さんはどうしてるのか聞いてみたところ、同じように悩みを抱えている飼い主さんが多数いることを知りました。

すぐには帰れない飼い主さんに代わって、ペットの元に私たちが駆けつけてあげることができれば、飼い主さんも安心ができ、万が一の場合にはペットの命が救えるのではないかと考えたのがきっかけです。

―― 犬や猫以外のペットでも、サービスを受けられますか?

はい。犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレットが対象になります。

photoAC/シロップ

―― 「飼い主に代わって緊急時に駆けつけるサービス」については、どのようなスタッフさんが対応してくれますか?

アメリカで最大のペットファーストエイド指導組織の「PetTech」によってプログラムされた実技講習に合格したものが駆けつけます。駆けつけスタッフ全員が合格しております。

画像提供:株式会社ペチカ

また、ペットシッターなど動物取扱業を行う前提条件の愛玩動物飼育管理士の資格も取得しております。

―― 現在は対象エリアのみ対応とのことですが、今後エリアを拡大する予定はありますか?

まずは関東からサービスを拡大します。その後、殺処分の多い地域でもある大阪や兵庫・福岡あたりを検討しています。

私たちのサービスが少しでもペットを飼いやすい環境を提供できれば、殺処分されたであろう命が救われるのではないかと考えているからです。

ペットのお留守番で飼うことをためらっている方が、保護された犬や猫を飼うきっかけになってくれればいいと思います。

photoAC/acworks

―― ペットに関するサービスを提供する上で、こだわりや大切にしていることはありますか?

ペットに留守番をさせることが多いのなら「ペットを飼うべきではない!」といった意見もありますが…。

そういったペットや飼い主のどちらかに傾く考え方ではなく、双方が自然に生活できる環境を提供するのが私たちの使命だと強く意識しています。

ペットにとってベストな生活環境は何かを突き詰め、飼い主さんの『どうしよう』を解決してあげることで、ペットと飼い主双方が幸せに暮らせる社会が創れると考えています。

photoAC/buri

―― ありがとうございました。

自身の経験と、実際に飼い主さんたちの声を聞いて生まれたサービスだったんですね。

新しい“ペットお留守番サービス”が気になる方は、ぜひ「わんにゃんコール」のホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか?