16日、大学試験で替え玉を使ったことが発覚した女性タレントのオウヤン・ニーニーが、ネパールでボランティア活動に参加。再びネットユーザーから批判されている。写真はオウヤン・ニーニーと父親。

写真拡大

2016年7月16日、大学試験で替え玉を使ったことが発覚した女性タレントのオウヤン・ニーニー(欧陽[女尼] [女尼])が、ネパールでボランティア活動に参加。再びネットユーザーから批判されている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

オウヤン・ニーニーは有名歌手の欧陽菲菲のめいで、父親は台北市議員の欧陽龍(オウヤン・ロン)氏。このほど日本デビューしたタレント兼チェリストのNana(ナナ/欧陽娜娜)は妹で、台湾では「オウヤン三姉妹」の長女として知られた存在だ。

芸能活動をしながら台湾芸術大学に通うオウヤン・ニーニーだが、先月行われた試験期間に仕事でロンドンへ行くため、替え玉を使ったことが明らかに。フェイスブック上で謝罪したものの、その替え玉が学外の人間だったことが分かり、さらにオウヤン・ニーニー本人から何の説明もされなかったため、批判の声はさらに高まった。

世間から厳しい目が向けられる中、オウヤン・ニーニーがネパールで20日間にわたってボランティア活動に参加していることが明らかに。これに不快感を覚えたネットユーザーたちから、「あざといイメージ回復戦略だ」「ボランティアなら台湾でもできる」「しばらく海外に逃げただけ」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)