ふわっふわ!あま〜い!この夏食べたい「かき氷」5選

写真拡大

暑さで火照った体をおいしくクールダウンしてくれる「かき氷」。蒸し暑い日本の定番ですよね。その「かき氷」は年々進化中。素材にこだわったもの、海外発のものなど、各店が個性的でユニークな商品を登場させ、今年も「かき氷」市場は百花繚乱です。今年ぜひ味わってみたい、5つの「かき氷」をピックアップしました。

ふわっふわ!あま〜い!どっちも好きです!

キャヴィアにトリュフ、シャンパン!
ゴージャスさにうっとり!

1
空前の(?)かき氷ブームのきっかけのひとつとなったのが、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの「ザ・ダイニング ルーム」が提供する、ラグジュアリーかき氷。2年前に登場し、多くの人々の度肝を抜いた、かき氷「キャヴィア」が、今年はさらに進化を遂げ、「かき氷 5種のキャヴィア」(5000円)としてお目見えしています。

サマートリュフと蜂蜜を加えたチョコレートアイスクリームに、ポルト酒でコンポートにしたイチジクを重ねたかき氷に、トッピングとして、キャヴィア、フレンチキャヴィア(鱒の卵)、そして、フルーツ果汁が口の中で瞬間的にはじけるフルーツキャヴィア3種(ルビーグレープフルーツ、ブラックカラント、パッションフルーツ)の5種類のキャヴィアを用意。

氷とアイスクリーム、イチジクが程よく混ざり合ったタイミングでシャンパンを注ぐサービスもうれしい、贅の限りを尽くしたかき氷の提供は、2016年9月11日(日)まで。この夏、体感してみてはいかがでしょう。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
www.intercontinental-strings.jp/

老舗和菓子店のこだわり!
夏の定番「宇治金時」

2
今年の夏も多種多様なかき氷が華やかにラインナップしているなか、室町時代後期に京都で創業した、和菓子の老舗「とらや」が手がける喫茶「虎屋菓寮」では、毎夏、日本の「ザ・王道」のかき氷を提供しています。

一番人気は、「宇治金時」(通常サイズ1296円、小サイズ864円)。氷の下にたっぷり敷かれた小倉餡は、北海道産の小豆を使って、かき氷のためだけにほどよい滑らかさ、甘さで製造されたもの。濃厚な抹茶蜜は、宇治抹茶「京の調」と徳島産の和三盆糖で作られています。

氷は毎朝氷屋から仕入れたものを表面がやわらなくなるまで置いておくことで、奥歯で噛むとわずかにカリッとする状態に仕上げているのだそう。余談ですが、かき氷と一緒に提供されるお茶も美味しいんです! 随所に和菓子店ならではのこだわりが詰まったかき氷は、日本が誇る夏の定番といってもいいかもしれません。

虎屋菓寮
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=139

かき氷とレモンタルトのハイブリット「塩」スイーツ

3-1

全国で89店舗を展開する「アフタヌーンティー・ティールーム」に、夏の風物詩「かき氷」と、爽やかな「レモンタルト」がひとつになったハイブリットスイーツ「フローズンレモンタルト」(940円、紅茶付 1440円)が、8月31日(水)までの夏季限定で登場しています。

こちらは、土台となる自家製の「塩ガレット」のタルトの上に、トロピカルフルーツ(マンゴー、パッションフルーツ、パイナップル)3種の果汁にイタリア産海塩を加えた、シャリっと冷たいソルティグラニテと、さわやかな酸味のレモンクリームを乗せた、ハイブリットスイーツ。

3-2

 

ほんのり感じる塩気が、レモンやフルーツの酸味、甘味を引き立てます。素朴な美味しさで、ひんやり冷たい「ソルティグラニテ」に、オートミールを使った「塩ガレット」をざくざく崩しながらいただく、「フローズンレモンタルト」は、「アフタヌーンティー・ティールーム」自慢の紅茶とも好相性です。

アフタヌーンティー・ティールーム
http://www.afternoon-tea.net/tearoom/

日本初上陸! 韓国の伝統菓子と
かき氷が織りなすマリアージュ!

4-5この夏のかき氷市場をにぎわせている最大のトピックのひとつが、「SULBING HARAJUKU」(ソルビン ハラジュク)のかき氷。韓国で約500店舗を展開するコリアンデザートカフェ「雪氷」(ソルビン)が、2016年6月30日(木)、日本に初上陸しました。

4-4“伝統とモダンが混じりあった暖かく温もりがある感覚”をコンセプトに、韓国の伝統菓子を現代風にアレンジした、こちらのかき氷は粉雪のような滑らかさと、華やかなトッピングが特徴です。

4-3

ミルクかき氷の上に、香ばしいきな粉とモチモチのきな粉餅、パリパリのローストアーモンドをトッピングした一番人気の「きな粉餅ソルビン」(850円)や小豆、きな粉、黒ゴママ、きな粉餅といった韓国の伝統食材をふんだんにトッピングした「黒ごま小豆ソルビン」(1000円)など、韓国テイストあふれるかき氷、チェックしてみては?

SULBING HARAJUKU(ソルビン ハラジュク)
http://www.sulbing-japan.com

世界的人気!台湾のかき氷専門店

5-3
「ICE MONSTER」(アイスモンスター)は、台湾発のかき氷専門店。台北の本店では、多い日で1日2500人以上が列をなし、米テレビ局CNNによる世界の『Best Dessert 10』にも選出された、世界的にも注目されているかき氷店です。

 

5-4

 

同店では、マンゴーや紅茶など、素材の味を再現し凍らせた「フレーバーアイスブロック」を削って提供。しっかり素材の味が楽しめながら、絹のように折り重なったかき氷は、口に含むとふんわりやさしく溶けるのが特徴です。日本では、2015年4月にオープンした表参道店のほか、グランフロント大阪店でも店舗を展開。現在、夏季限定(2016年8月末まで)で、ジューシーで香り豊かなメロンのアイスブロックを削った「メロンかき氷」(1400円)も登場中です。

ICE MONSTER(アイスモンスター)
http://ice-monster.co.jp/

 

ひと口に「かき氷」と言っても、その見かけも味わいもさまざま。「かき氷」の奥深さ、美味しさを楽しみながら、夏をおいしく、ひんやり乗り切ってみませんか?

(文/長谷川あや)

はせがわあや/エディター・ライター はせがわあや/エディター・ライター

出版社でスポーツ誌の編集に携わった後、フリーに。現在は、各種媒体に、食、旅、アート、エンタメなど、ライフスタイル系の記事を寄稿。雑誌・広報誌等の編集にも携わる。