ルノー・ジャポンは、ニュルブルクリンク最速の血統を持つ限定車『メガーヌ ルノー・スポール273トロフィー2』と、スポーツレザーシートが最高峰の走行性能を支える『ルーテシア ルノー・スポール トロフィーLS』を、それぞれ限定台数にて発売を開始した。

■『メガーヌ ルノー・スポール273トロフィー2』

メガーヌ ルノー・スポール273トロフィー2

『メガーヌ ルノー・スポール273トロフィー2』は、ニュルブルクリンクサーキットでFF市販車最速タイムを更新したメガーヌ ルノー・スポールのトップモデル、『メガーヌ ルノー・スポールトロフィーR』と同じ273psのパワフルな2.0Lターボエンジンを搭載。ノーマル比で4垠變未淵▲ラポヴィッチ製チタンマフラーや、レーシングスピリット溢れるレザー&アルカンタラコンビレカロシートを装備するなど、本格スポーツモデルにふさわしいスペックと装備を持つ150台限定モデルだ。

カラーバリエーションは、メガーヌ ルノー・スポールには初採用となるルージュ フラムMとグリチタニアムMを含む5色。価格は422万円〜。

■『ルーテシア ルノー・スポール トロフィーLS』

ルーテシア ルノー・スポール トロフィーLS

「TROPHY(トロフィー)」は、ルノー・スポールモデルの最高峰グレードに与えられる称号。『ルーテシア ルノー・スポール トロフィー』はそれにふさわしく、最高出力220ps、最大トルク260N・mを発生するハイパワー1.6L直噴ターボエンジンに、スムーズで素早いシフトチェンジを可能にする6速エフィシエント デュアル クラッチを採用。まさにレーシングカー直系の刺激的な走りが楽しめるモデルといえる。

そして『ルーテシア ルノー・スポール トロフィーLS』には、レースで培ったノウハウをフィードバックした高いホールド性と、毎日の運転から長距離ドライブまで快適性を損なわないサポート性を併せ持つ、ヘッドレスト一体式レザーフロントスポーツシートが装備されている。価格は349万5000円〜。

関連情報

http://www.renault.jp/

文/編集部