こんな女性は気を付けて!タイプ別・結婚に焦る気持ちを抑える方法

写真拡大

「結婚したい!」と焦ってしまうと、落ち込んだりイライラしてしまいがち。どのような女性が結婚を焦りやすいのでしょうか。

焦る気持ちをどうすればセーブできるのか、その方法についてもお伝えしていきましょう。

◆せっかちな性格の女性

「一度決めたらさっさと行動に移して結果を出したい!」と思う女性の場合は、結婚に対しても焦りがち。せっかちな性格は仕事では役立つかもしれませんが、結婚を決めるときには裏目に出る可能性も。

焦って決めると後悔するかもしれません。結婚は一生を左右するもの、と自分に言い聞かせましょう。一生ものだからと思えば、「焦らずに決めよう!」と慎重になれるかもしれません。

◆負けず嫌いな女性

周りが結婚をして幸せそうに見えると、自分は負け組なのかなと思ってしまうことも。そして負けず嫌いな性格のため、「誰もがうらやむような結婚を早くしよう!」と焦る場合もあるでしょう。

こうなると、急いでスペックだけを見て男性を選んだりするので、結婚に対して失敗しがち。負けず嫌いな性格は悪いものではありませんが、人と自分をあまり比較したりせずに、自分自身の幸せを得ようと考えてみては?そうすれば焦らずに落ち着いて婚活を進めていけるはず。

◆仕事よりも恋愛を大切にする女性

「もう働きたくない」と思う女性にも、結婚を焦る人が多いようです。今やっている仕事がムダに思え、専業主婦になりたい思いが強い傾向があります。

ですが、仕事は仕事で大切にしましょう。というのも、結婚してから自由になるお金は限られてきます。自分の欲しいものを買うときにも夫の許しを得ないといけないかもしれません。だからこそ、いまのうちに仕事をして貯金をしておきましょう。そうすれば欲しいものは自分の貯金で買えます。

貯金があれば結婚式やハネムーンの資金にもなることですし、今は焦らずに仕事も大切にしてはいかがでしょうか。あなたの熱心に働く姿に惹かれる男性が出てくるかもしれませんよ。

Tired woman in the office

◆とにかく結婚願望が強い女性

結婚願望が強いのに、いつまで経っても結婚が決まらないとイライラしがち。結婚できない事実をとても辛く思い、その辛さから早く抜け出したくて焦る場合が多いでしょう。

しかし、自分自身が結婚に対しての理想を高く持ち過ぎている場合もあります。一度、「なぜ結婚したいのか」「結婚とは自分にとってどういうものなのか」と根本的に見つめ直してみることも必要。いったん婚活から引いてみると、案外簡単に結婚が決まったなんてケースもよくあります。

◆自分に厳しい女性

「結婚もできないなんて、自分はなんて情けない女なんだろう……」と自分を許せなくなる女性。ときには自分に対しての厳しさも必要ですが、ふだん頑張っている自分をねぎらってあげるのもまた大切。

もしここで自分に厳しくするのなら、焦ってイライラするよりも花嫁修業的なものを始めて、ステップアップを目指しては?料理教室に通ってみたり、貯金をしてみるのも良いですね。

「結婚すらできない」と思うのか、「今はまだ結婚しない」という気持ちなのか、さまざまな考え方があります。後者の考え方なら、今の自分を許せてもっと気持ちが楽になるのではないでしょうか。急いで結婚しなくちゃと焦る気持ちも軽減するでしょう。

◆早く子供がほしい女性

子供好きな女性は「早く子供が欲しい=早く結婚したい」と思うものです。早く結婚をしないと子供を産む時期が遅くなり、授かりにくくなる……と焦ってしまうケースも。

しかし、もしも自分にとって「もうこの人でもいいか」と妥協をした相手だと、「この人の子供か……」と後悔をするかもしれません。子供への愛情の注ぎ方も違ってくるとしたら、これはもう悲劇ですよね。

やはり本来は、「この人の子供がほしい」と思えるような男性と結婚することがベストです。二人の子供はこんな感じかなと、楽しく想像できるような結婚相手の候補を見つけるようにしてみましょう。

焦るばかりでも状況は変わりません。結婚をしていない、今という時間を楽しむのも素敵なことです。自分なりの人生設計をしてみる時間も今しか持てないものですから、夢をみたり楽しむようにして結婚を焦る気持ちをセーブしてみても良いですね。