なにこの圧倒的なシャレオツ感! パリのエスプリ漂いまくりの「一風堂ルーブル店」がもはやラーメン店とは思えない

写真拡大


今やすっかり海外でも人気が定着しつつあるラーメン。トンコツラーメンでおなじみの一風堂がパリに早くも2店舗目をオープンしたそう!

【パリオリジナルのメニューも登場】

この「一風堂 ルーブル店」では、「白丸元味」「赤丸新味」「からか麺」など、日本で人気の定番ラインナップ……

に加えて、数種類のマッシュルームやフェンネルなどのハーブ等を使ってダシをとった「茸(きのこ)香るベジ麺」、フランス産の鶏を使った「鶏醤油(とりしょうゆ)」なんていう、いかにもパリっ子にアピールしそうなオリジナルメニューも登場しているのです。

また、ズルズルとラーメンをすするだけのためにおしゃれなパリジェンヌたちが足を運ぶとは考えにくかったけど、そこはさすがは食の都パリらしく、エスプリ漂うオシャレなサイドメニューも数々用意されている模様。

【お酒の充実ぶりがハンパない】

さらに、お酒は大吟醸や純米酒の日本酒やハイボール、梅酒はもちろん、ワインやシャンパンまで揃っているという充実ぶりです。

シャンパンとラーメンの取り合わせに、どうにも違和感を覚えるのは日本人ならではの感覚なんでしょうか……!?

枝豆や一口餃子などのおつまみまで用意されているので、料理やお酒をゆっくり味わったうえでラーメンで締めくくるという、居酒屋感覚で使えるお店となっているもよう。

今回オープンのお店が位置するのは、ルーブル美術館やパレ・ロワイヤルがある中心地・パリ1区。旅行中フランス料理に飽きたら、同地のラーメン事情をチェックしがてら足を運んでみてはいかがでしょうか!

参照元:IPPUDO
執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

画像をもっと見る