アンチェロッティ体制の初戦で白星を飾ったバイエルン、ロッベンが4カ月ぶりの実戦復帰も負傷交代…

写真拡大

▽バイエルンのオランダ代表MFアリエン・ロッベンが、プレシーズンマッチで負傷した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽バイエルンは16日、ドイツ5部に所属するSVリップシュタットとのプレシーズンマッチに臨んだ。カルロ・アンチェロッティ監督の初陣となった一戦は点の奪い合いとなり、バイエルンが4-3と接戦をものにしている。

▽この試合では長期離脱から復帰したロッベンが4カ月ぶりにピッチに立つと、9分には先制点をアシストし、16分には自身でゴールネットを揺らした。しかし36分、ルーズボールを奪おうとスプリントした際に太ももを負傷。プレー続行は不可能となりそのままベンチへと下がった。

▽アンチェロッティ監督は試合後、ロッベンの状態について「彼は筋肉に違和感を覚えた。これからドクターが検査する。深刻でないことを願っている」とコメント。ロッベンの早期復帰を願っていた。