日産自動車から新型『セレナ』が発表された。『セレナ』は1991年の初代モデル発売以来、長い間、ファミリー層を中心に多くの人に愛顧されている日産の中核モデル。8月下旬に発売される、この新型『セレナ』は、エクステリアデザインとインテリアデザインを大幅に刷新するとともに、数々の新機能を採用することで、家族とのドライブが今まで以上に便利に、そして楽しくなる新世代のミニバンへと進化を遂げている。

セレナ セレナ

エクステリアは、代々好評を博してきたセレナらしさを継承しつつ次世代のミニバンとしての新しさと融合させ、ルーミーかつダイナミックで洗練されたデザインとなっている。フロントは、先代モデルで採用した二段構成のヘッドランプと、「Vモーショングリル」により日産らしさを表現し、より精悍で立体的な力強い表情が印象的だ。セレナのトレードマークであるシュプールラインは、より伸びやかなものとしスポーティーな印象を与えると同時に、ドライバーの視界の良さを実現。また、2トーンボディーカラーはDピラーレスのデザインと相まって室内空間の広さをアピールしている。

ダッシュボードデザインは、空間的な広がりを感じさせる横方向の流れをテーマとし、さらにメーターを薄型化して車両前方に配置することによってパノラミックな開放感を実現。インテリアカラーにはハイコントラストなコーディネーションを用い、開放感のあるモダンな空間を表現している。

購入者から好評を得てきた「セレナ」の広い室内空間は、今回パッケージングに工夫を凝らすことで、室内長、室内幅を更に拡大させ、クラスNo.1の広さを実現。さらに、フロントピラーをブラック化することでドアガラスをより大きく見せる工夫を施したり、ルーフトリム形状の変更により室内空間に広がりを持たせるなど、実際に感じる広さ感にもこだわって開発されている。また、強度を変えずにAピラーを細くすることで運転席からの死角を減らしているほか、メータークラスターのデザインをスリムにすることで、運転席からの視界も改善。さらに、シート内蔵タイプの2列目シートベルトや後席からの視界も考慮したヘッドレストを採用することで、3列目からの開放感も大幅に向上している。

『セレナ』はこれまでも、「エマージェンシーブレーキ」、「車線逸脱警報」、「アラウンドビューモニター」、「スマート・ルームミラー」など数々の先進安全技術を搭載してきた。新型『セレナ』は上記に加え、「エクストレイル」に採用し好評を得ている自動駐車機能「インテリジェントパーキングアシスト」を新たに採用。「インテリジェントパーキングアシスト」は、これまでよりもさらに簡単で操作しやすくし、駐車精度も向上させている。

さらに、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御しドライバーをサポートする自動運転技術「プロパイロット」を日産車として初めて搭載。より多くの人に自動運転技術がもたらす安心感、快適性、利便性といったメリットを体感してもらうため、同技術を搭載したグレードも、300万円以下の価格を設定となっている。では、そんな「プロパイロット」について詳しく見ていこう。

■「プロパイロット」の特徴

unnamed-1

「プロパイロット」は、革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術。渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減する。高度な画像処理技術によって、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御して人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現。今回、新型「セレナ」へ「プロパイロット」を搭載するにあたっては、日本の高速道路での使いやすさを徹底的に追求した開発が行なわれた。なお、渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカー初の技術となる。

「プロパイロット」は、ステアリングスイッチの操作で簡単にシステムを起動・設定することができるほか、システムの状態を分かりやすく表示する専用ディスプレイを採用するなど、使いやすさと運転感覚に拘ったインターフェースも大きな特徴の一つ。

◎システム構成

先進の画像処理ソフトウェアを搭載した単眼カメラにより、前方車両や白線を瞬時に三次元的に把握し、その情報をもとにアクセル、ブレーキ、ステアリングの制御を行なう。

自動運転技術「プロパイロット」

◎機能説明

システム作動時は、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)内で、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する。

◎先行車両が停車した場合

1.システムが自動的にブレーキをかけて停車。
2.車両が完全に停止した場合、ドライバーはブレーキを踏むことなく、停止状態を保持。
3.先行車両が発進した際は、ドライバーがレジュームスイッチを押すかアクセルペダルを軽く踏むだけで、追従走行を再開。

「ゼロ・フェイタリティ」の実現に向けて

日産は「ゼロ・エミッション」、「ゼロ・フェイタリティ」の2つのゴール実現に向け、クルマの電動化、知能化に取り組んでいる。さらに将来に向け、ワクワクしたモビリティを実現するために、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みを進行中だ。今回の「プロパイロット」は、より安全で意のままのドライビングを可能にすることにより、ドライバーにさらなる自信をもたらし、乗車しているすべての人に快適さを提供する「ニッサン インテリジェント ドライビング」を具現化するものといえる。「プロパイロット」は、2017年に欧州で『キャシュカイ』に搭載するほか、今後、米国、中国へも順次導入していく予定。さらに2018年には高速道路での車線変更を自動的に行なう、複数レーンでの自動運転技術、2020年までに、交差点を含む一般道での自動運転技術を投入する予定だ。

関連情報

http://www.nissan.co.jp/

文/編集部