『夫のがんを消した最強の食事』

写真拡大

 「食養法」を通してがんと向き合った夫婦の克服記『夫のがんを消した最強の食事』が2016年7月13日(水)に発売された。

 2007年2月に医師から「ステージ3に限りなく近い難しい種類の悪性リンパ腫」と告知され、入院して抗がん剤治療をすすめられた夫。しかし夫は「一番大事な腸をダメにするような薬を、治療に使うのはちょっと違うのではないか」と疑問を感じる。そこで抗がん剤治療を断って、妻の食事で病気を治すという「食養法」だけで治すことを決め実施した。

 その結果、半年後には腫瘍マーカーがかなり改善し、1年4カ月後以降は正常値内を維持。2年3カ月後には初めての経験であるマラソンの練習をはじめ、その半年後にはフルマラソンを完走した。発覚後3年目にはあらゆる画像から腫瘍も消失している。

 その後、老舗の飲食業を経営しながら100kmマラソン、トライアスロンなどの大会にも挑戦し続けている。

 「がんは、ぐれた子どものようなもの。体の中の細胞の一部が反乱を起こしているのだから、私の食べ方や生き方を変えないと良くならない」という姿勢でがんと向き合ってきた夫婦の克服記。同書ではがんが消えたレシピも紹介している。

■『夫のがんを消した最強の食事』

著:薩摩智恵子

コメント:薩摩和男

発売日:2016年7月13日(水)

出版社:かんき出版

薩摩智恵子

1955年神奈川県生まれ。甲南女子学園卒業後、麺類・和食の料理店「美々卯」に嫁ぎ、78年に若女将、96年より女将となる。25歳でマクロビオティックに出会い、その美味しさに感激。以来、自らも実践するうちに、心身共に、日々、調子がよくなることを体感。米国で自然食の普及と教育啓蒙活動をしていた故・久司道夫氏に師事。その後、マクロビオティックの創始者である桜沢如一の直弟子、「真・食養会」代表・松岡四郎氏に師事、本格的に自然食を学ぶ。

夫のがん発覚後は食養法の指導を手厚く受けながら、3年間でがんを消すことに成功。現在、仕事の傍らマクロビオティック料理教室を東京、大阪で開催している。

薩摩和男

1951年大阪生まれ。東京大学法学部卒業後、臨済宗妙心寺派・大珠院に入門。盛永宗興老師のもと6カ月の禅寺修行。そこで得た宇宙観・死生観が、のちに「がん」を宣告されたときに役立つことになる。「京都吉兆」で4年間の料理修業を経て、実家の「美々卯」に入社、41歳で社長就任。堅実経営で全国に21店舗を構え成長を続けている。56歳のとき悪性リンパ腫が見つかる。抗がん剤治療を一切せずに、妻のつくる食事による食養法でがんが消失。腫瘍マーカーが正常になったころから体力作りでマラソンを始め、今やトライアスロン、100kmウルトラマラソンなどに挑戦している。

※掲載内容は変更になる場合があります。