ポルシェ『911』のハイチューンモデルである、『911GT3 RS』次世代型がニュルで高速テストを開始しました。

1

ニュルブルクリンク北コースでは、SUVからハイスペック・スポーツモデルまで、新型モデルが幅広く高速テストを行っています。

今年も4月頃から、多数のハイスペックモデルがラップタイムを計測していますが、この「911GT3 RS」次世代型が、「2016シーズン・高速テスト」で暫定首位となる最速ラップを出していた事がわかりました。

これがテスト走行であることを忘れてはいけませんが、その存在感は別格と言えそうです。

次期型はフロントバンパーのエアインテークが拡大されるほか、ボンネットエアダクトやリアのデュフューザーデザインを変更され、さらにはエキゾーストパイプがセンターから両サイドへ移動されていることに気付きます。

パワートレインは現行モデルの4リットルから4.2リットルへアップされる、ボクサー6自然吸気エンジンが搭載され、その最高馬力は525psを叩き出すとリポートされています。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーが有力で、名称は「911 GT3 RS 4.2」が最有力候補となっているようです。

(APOLLO)

ポルシェ・911GT3 RS次世代型「4.2」がニュル今季最速!(http://clicccar.com/2016/07/17/385689/)