SpaceX、Hyperloopポッド設計コンペの2次審査を2017年1月に延期。参加チームからの要請に対応

写真拡大

SpaceXが、今夏に予定していた「SpaceX Hyperloop Pod Competition」の試作ポッド走行テストを、2017年1月27〜29日に延期すると発表しました。理由は、複数の参加チームが試作ポッドのリファインおよび高速化のために時間的な猶予を求めたため。HyperloopはSpaceX のイーロン・マスクが提唱した、真空に近いチューブ内を時速約1200kmで走行する超高速輸送システム。もし期待通りの性能を発揮するなら、たとえば欧州から中国まで1日たらずで移動できる速度で走行できるようになる見込みです。

SpaceXのHyperloopポッド設計コンペは、1次審査に115ものエントリーがありました。そして、その中から22のグループの設計案が選別され、2次審査へと駒を進めました。SpaceXは現在、カリフォルニア州ホーソンに1/2スケールのテストトラックを建設中で、2017年1月の2次審査にて参加チームのテスト用ポッドが走行を実施する予定です。