13日、韓国の文化体育観光部と農林畜産食品部は「官民の関係機関とともに、誤って表記された韓国料理の外国語メニューを正す」と明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国料理。

写真拡大

2016年7月13日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の文化体育観光部と農林畜産食品部は同日、「国立国語院や韓国料理財団、観光公社など官民の関係機関とともに、誤って表記された韓国料理の外国語メニューを正す」と明らかにした。

国立国語院と韓国料理財団は、外国人を含む料理分野の専門家グループを構成し、韓国料理のメニューの外国語(日本語・英語・中国語)表記法を標準化する。観光公社は新メニューの開発にも対応できるよう、韓国料理店ですぐに使用できるメニュー名を翻訳していく予定だという。

現在、外国語に標準化されている韓国料理のメニューは200個ほどで、標準化はされていないが翻訳に誤りのないメニューは3700個ほどだという。

韓国与党・セヌリ党の議員が文化体育観光部から入手した報告書によると、ソウルの主な観光地にある飲食店274件の中国語メニューの32.4%で1カ所以上の誤訳があることが分かった。ある店の中国語メニューでは「ムグンジサムギョプチム(塾生キムチと豚バラの煮物)」が「おばあさんを焼いた肉」と表記され、「キムチチゲ」が「辛くて奇妙な料理」と誤訳されていたという。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「ひど過ぎる。これは笑えないレベル」
「寿司は英語でSUSHIでしょ?韓国も翻訳せずにそのままアルファベットで表記し、下に英語で説明を加えればいいのでは?」

「コムタン(牛肉などを煮込んで作るスープ)をクマのスープと表記している食堂もあった」
「日本は寿司や照り焼きの名前をそのまま使用し、グローバル化させた。韓国も見習って!おかしな韓製英語を使うな」
「一部の飲食店のせいで、韓国のイメージが失墜している。すぐに修正を!」

「外国人の友達を連れてチムジルバン(サウナを主体とした健康ランド)に行ったら、ドアの全てに『PULL』ではなく『FULL』と書いてあった。定員オーバーで入れないのかと思ったよ…」
「何年も前から指摘されている問題なのに、いまさら対策?」

「笑わせようとわざと書いているのでは?」
「韓国に来た外国人観光客は苦労が多いだろうね」(翻訳・編集/堂本)