気軽にブロックして友達整理

写真拡大

 SNSでの友達申請を受け入れ続けたら、数百人、数千人と繋がっていた。誰なのかよくわからない人もいる。自分のタイムラインが読みづらくなってきたので、SNSの友達を整理整頓したい。そう思ったとき、どんな方法がとられているのか。

 若い女性を中心にたびたび行なわれているのが「ブロック大会」だ。SNS上の友達を整理整頓したいユーザーが「ブロック大会を始めます」と宣言し、それに対して返信やスタンプ送信などで反応した人はブロックせずに残すというやりかたが一般的だ。おもにLINEで行われているそれは、「2〜3年前から続いている現象」だとITジャーナリストの高橋暁子さんはいう。

「ブロックするという行為そのものがカジュアル化し、気軽に行われています。ブロック大会の開始と終了を知らせるためのテンプレート画像が広まっているほどです。若い世代の場合、一回会っただけだったりTwitterで意気投合した会ったことがない人とも気軽に登録して友達になるので、友達を把握しきれなくなりやすいという事情もあります。

 夏休みや年度替わりなどの節目がきっかけになりやすいですが、毎月のように『ブロック大会』を宣言している人もいます。ブロックされる前にブロックする側になりたい、自分への反応を確かめたい、などの気持ちも働いているのでしょう。mixiやFacebookでも、ときどき似たような投稿を見かけます。若い世代に限らず、大人でも同じことをしている人はいますね」

 SNSでのブロックは、相手もブロックされたことがわかるため、職場の上司など気をつかう相手にはやりづらい。そういったとき利用されているのがFacebookの「制限リスト」だ。

「世界でのユーザー数が16億人を突破したFacebookは、普段の仕事などの関係で断れない相手からの友達申請もあります。そんな場面で角を立てずにSNSを楽しみたいと願うユーザーに合わせて、Facebookの運営も機能を増やしています。そのひとつが『制限リスト』で、よく利用されています」(前出の高橋さん)

 Facebookで友達一覧ページをみると、各々のアイコンの右に属性を示すタブがある。デフォルトだと「友達」になっており、タブのリストを表示させると「仲のいい友達」「家族」などが選べるが、そのうちのひとつに「制限」が用意されている。こちらを選ぶと、以後、制限リスト入りした「友達」には、自分の投稿は「公開」設定にしたとき以外、見られなくなる。

 Facebookの制限リストや、それに類似した機能をSNSは持っていることが多い。ところが、使い方がややこしいなどを理由に、SNSをよく利用する若年層ほどもっと手軽なものとしてブロック機能を利用している。

「これまで、SNSで『ブロック』することは交流を絶つ最終手段に近いものでした。でも最近はケンカしたらブロック、仲直りしたらブロック解除、といった具合に若い世代ほど気軽で、さして深い意味なくブロックを使います。今後、すべての年代にとってブロック機能が気軽なものになるとは思えませんが、より身近な選択肢になる可能性はあります」(前出・高橋さん)

 流行のサイクルが早く、そのぶん「常識」も変化し続けるSNSでの友達づきあい。リアルの人間関係と同じで、深刻に考えすぎないのが続けるコツなのかもしれない。