富士急の新絶叫マシンオープン、対決に負けイジリー岡田がフライト。

写真拡大

富士急ハイランドに7月16日、新アトラクション「テンテコマイ」がオープンした。

オープニングイベントには、イジリー岡田、元乃木坂46の永島聖羅、アイドルユニットのしーくいーんがゲストとして登場。集まった約150人の前で、このイベントのために2日間事前練習をしたという永島としーくいーんが、「テンテコマイ」の操縦方法をレクチャーしたほか、イジリーとの軽快なトークを繰り広げた。

トークショー後の記念すべき第1回目の運転には、ゲストと一緒に20人の来場者が搭乗。絶叫マシンが苦手ということで当初搭乗する予定のなかったイジリーだが、永島とのじゃんけん対決で負けて急遽乗車することになり、翼を動かすことができないまま初フライトは終了。搭乗後、永島は「今日も回ることができなかったけど、回ることができると快感なので、リピーターが増えると思う。また乗りたい!」と話していた。

「テンテコマイ」は飛行機型のライドに乗って、回転しながら地上約32メートルまで上昇し、巨大な翼を自分で操縦することでさらに各ライドが回転する絶叫アトラクション。振り子のように左右に揺れ始め、風を味方につけると自分でも意図しないほどの回転を繰り返し、どうしようもなく……まさに「テンテコマイ」の状態になる。