チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

写真拡大

いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。

でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにとりあえず屋内へ……なんて経験はありませんか?私、アリマス。

それならば、そもそも屋内スポットを目指してもイイかも。もちろん、涼しさだけじゃなく、最高にワクワクする場所であることは言わずもがな。そういう意味では、この「DMM.プラネッツ Art by teamLab」なんてピッタリだと思うんです。

作品で構成された迷路を
歩き回りながら鑑賞

すでにいたるところで耳にするチームラボの名。彼らの作品の多くを鑑賞済という人だっているかもしれません。

それでも、今回の展示は一見の価値アリ。なんといっても、「過去最大規模」なんですから。

たとえば、この『Wander through the Crystal Universe』。昨年銀座で展示され、大きな話題となった作品『Crystal Universe / クリスタル ユニバース』の進化版。なんと約6倍の規模に!

『Floating in the Falling Universe of Flowers』

1年間の花々が時間と共に刻々と変化しながら咲き渡る宇宙。そんな空間が、ドーム内に無限に広がっているインスタレーション作品。鑑賞者が各々のスマートフォンで蝶を選択し投げ込むと、花の宇宙空間に蝶が舞う──。

『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity』

こちらは新作のデジタルアート。

無限に広がる水面に鯉が泳いでおり、人々は水の中に入って歩くことができます。鯉は、水の中の人や他の鯉の影響を受けながら泳いでいる。そして、人にぶつかると、花となって散っていきます。人の存在に影響を受けて泳ぐ鯉の軌跡によって、線が描かれていくのです。

『やわらかいブラックホール - あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である』

触れることのできるすべてが、沈み込むほど柔らかい空間。真暗で床と壁の境目はありません。

作品空間に入ると、空間自体が人の身体の重さに影響を受けて変化。そして、身体は変化する空間に影響を受ける。互いに作品空間を通して、それぞれの影響を受け合います。

あなたの身体は空間を変化させ、その空間は他者の身体を変化させることに。

約3,000平方メートルもの展示空間内は、これらの作品で迷路のように構成されており、歩き回りながら鑑賞できます。あらかじめ決められた道順はないので、自分のペースでゆったり楽しんでOK。

会期は7月16日(土)〜8月31日(水)まで。この夏のお出かけ候補にリストアップしてみては?

【展示概要】
DMM.プラネッツ Art by teamLab
・会期:2016年7月16日(土)〜8月31日(水)
・会場:お台場・青海周辺エリア(「お台場みんなの夢大陸2016」会場内)
・時間:10:00〜18:00 ※開催時間は変更になる場合があります
・料金:1DAYパスポート 一般2,000円/小中学生1,300円

Licensed material used with permission by DMM.プラネッツ Art by teamLab