涼を感じながら楽しむ夏の風物詩。全国で開催される水辺の花火大会5選

写真拡大

写真:(公社)びわこビジターズビューロー

夏の夜空を光で彩る花火。全国各地でたくさん催されているけど、今回は海上、湖上で打ち上げられる涼しげな花火大会をピックアップ。水面に浮かぶ花火を眺めるのもなかなか粋なもの。友達とワイワイや彼としっとりなど、思い思いの夏の思い出を作ろう。◆平成28年熱海海上花火大会


一年間を通して10回以上も開催している花火大会。いちばんの特徴は、山に囲まれた地形による、体にも音が伝わるほどの反響音。さらに、サンビーチなどの砂浜から見ると、花火がすごく近くに感じられるから、音と相まって臨場感がすごい! 銀色の花火が夜空を埋め尽くす“大空中ナイアガラ”のフィナーレには感動するはず。

開催日:2016/7/24(日)、29(金)、8/5(金)、8(月)、18(木)、21(日)、26(金)
※雨天決行
開催時間/20:20〜20:50
打ち上げ数/各日5000発
会場/熱海湾
アクセス/JR東海道本線ほか熱海駅より徒歩約20分
問い合わせ/熱海市観光協会 TEL.0557-85-2222

◆第68回諏訪湖祭湖上花火大会


スケール大の水上スターマインや全長2kmのナイヤガラ、さらに“御柱祭”をイメージした花火もあるから、ここだけの花火の思い出ができそう。また、7月24日(日)〜8月31日(水)は毎日15分間花火が上がる「サマーナイトファイヤーフェスティバル」、9月3日(土)は「第34回全国新作花火競技大会」を開催。

開催日/2016/8/15(月)
※雨天決行
開催時間/19:00〜
打ち上げ数/約4万発
昨年の来場者数/約50万人
会場/諏訪市湖畔公園前諏訪湖上
アクセス/JR中央本線上諏訪駅より徒歩約8分
問い合わせ/諏訪湖祭実行委員会 TEL.0266-52-4141

◆2016年びわ湖大花火大会


日本一の湖・びわ湖を会場に「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」をテーマとして花火を打ち上げ! 歴史や食、癒しなど多彩な魅力を持つ滋賀・びわ湖を七色の虹になぞらえた花火が、夜空と湖面で楽しめる。湖沿いに設置される有料観覧席は全席指定だから、ゆったりと楽しめるのが嬉しい。前売りはすでに発売中! お求めの際はお早めに。

開催日/2016/8/8(月)※荒天時は8/12(金)に延期
開催時間/19:30〜20:30
打ち上げ数/約1万発
昨年の来場者数/約35万人
会場:滋賀県営大津港沖水面一帯
アクセス/大津港周辺のびわ湖畔、なぎさ公園などJR琵琶湖線大津駅または膳所駅から徒歩約15分、京阪電車浜大津駅から徒歩約5分、皇子山陸上競技場などJR湖西線大津京駅から徒歩約10分
問い合わせ/びわ湖大花火大会実行委員会事務局((公社)びわこビジターズビューロー内)TEL.077-511-1530

◆第46回みなとこうべ海上花火大会


神戸の1000万ドルの夜景をバックに花火が見られる、贅沢な光の競演が見所の花火大会。海と花火の一体感ある演出で、尺玉やスターマインなどが港一帯をキラキラと照らし、その美しさにため息がでてしまうほど。打ち上げ場所をぐるりと囲むように観覧スポットがあり、場所によって迫力や夜景の見え方が異なるのも面白い。

開催日/2016/8/6(土)※荒天時は中止、順延なし
開催時間/19:30〜20:30
打ち上げ数/約1万発
昨年の来場者数/27万人
会場/神戸港(新港突堤〜メリケンパーク沖海上)
アクセス:-
問い合わせ/神戸市イベント案内・申込センター TEL.078-333-3372

◆宮島水中花火大会


全体の打ち上げ数は決して多くはないものの、船から海中に投げ込まれた水中尺玉が100発も打ち上げられる花火大会は少なく、その迫力は見もの。そして何より、花火によって闇夜に映し出された嚴島神社の大鳥居や社殿が幻想的。世界文化遺産の宮島ゆえの歴史的建造物と花火のコラボレーションに、なんだかパワーがもらえそう。

開催日/2016/8/11(木・祝)※雨天決行、荒天時は8/14(日)に延期
開催時間/19:40〜20:40
打ち上げ数/約5000発
昨年の来場者数/5万人
会場/嚴島神社大鳥居沖合
アクセス/JR山陽本線ほか宮島口駅または、広島電鉄宮島線広電宮島口駅下車、宮島口桟橋から宮島桟橋までフェリーで約10分
問い合わせ/宮島水中花火大会実行委員会((一社)宮島観光協会内)TEL.0829-44-2011