今年の夏のトレンド・アイテムとして、スカーチョや白Tシャツが流行っていますね。

でも、「どう着こなせばいいかわからない」、「私に似合っているの?」など、ファッションについての悩みは多いもの。

実際、ベルメゾン生活スタイル研究所が20〜60代の女性4,425人に行ったファッションの意識調査によると、4人に3人が「自分のファッションスタイルに自信がない」と答えています。

また、30〜40代の回答が特徴的。「似合うファッションを知らない」割合が、他の世代にくらべ高くなっているのです!

結婚・出産・子育てに仕事と、ライフスタイルが大きく変わるのがこの世代。なにを着たらいいのか迷ってしまいがちだからこそ、アドバイスが欲しいところですよね。

パーソナルスタイリストのみなみ佳菜さんは、これまでに7,000人以上に対してスタイリングの提案を行ってきました。

みなみさんのおしゃれのモットーは、「ファッションと人柄をつなぐ」こと。性格タイプに合った、4つのファッションスタイルを考えるのです。このファッションタイプ、具体的には以下のようになっています。

■4つの性格タイプ別ファッションイメージ

[1]ソフトフェミニンタイプ(優しい・献身的):淡く繊細な雰囲気のデザイン。エレガントな上質感のあるスタイル

[2]クールシャープタイプ(存在感・凛とした):辛口デザインにモノトーンなど、キリリとしたスタイル

[3]ポップキュートタイプ(快活・お茶目):元気で明るい印象の色や柄が似合う、はつらつとした魅力が得意

[4]シックナチュラルタイプ(自然体・落ち着き):リラックス感のあるデザイン。自然でセクシーな魅力を持つ

みなみさんは、内面と外見が一致すると、自分らしい装いになるといいます。これにより、魅力が一瞬で伝わり、コミュニケーションがうまく回るようになるというわけです。

ところで先日、そんなみなみさんの著書『4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の発売を記念したファッションセミナーが開催されました。

実際の悩みに基づくスタイリングのアドバイスも行われたので、詳細をご報告します。

■参加者のお悩み別ファッションアドバイス

(1)スカートをあまり持っていない女性の場合

「普段はパンツスタイルが多く、スカートはあまり持っていません」というお悩みに対しては、「相談者の持ち味である、おちゃめさを出したい」とワンピースをチョイス。

きちんとした格好を求められる職場だということから、上着は着流し風デザインのカーディガンに。ドレープ感があるため、きちんとして見えますね。手首を見せるのがポイントです。

(2)洋服の着こなしが苦手な女性の場合

「お仕事で和服を着るぶん、洋服の着こなしが苦手です」という相談者。和のイメージを感じさせる柄のトップスにすることで、着物のお仕事をしているというアイデンティティを引き出します。

「ショップで試着をするときは、試着室を出て靴を履き、全体像を見てみましょう」と、みなみさん。オススメの靴の色はグレージュ。グレーとベージュの間の色ですが、色なじみがよく使いやすいとのこと。

(3)話しかけにくいと思われがちな女性の場合

次は、「周りから話しかけにくいと思われがちです」というお悩み。優しい雰囲気を出そうと、ソフトフェミニンタイプの服を着るようにしているそうですが……。

みなみさんいわく「淡い色が、かえってしっかりとした印象を強調していますね。強めの色を選んでみましょう」。

すると、セミナー参加者全員が拍手してしまうほどステキに変身。ジャケットは白や明るい色を選ぶと、レフ板の効果になり顔が明るく見えるそうです。

(4)定番がパンツ×スニーカーのママの場合

パンツスタイルとスニーカーが定番となってしまった男の子ママには、「丈の短いクロップドパンツやネイビーの色」をオススメ。

大人っぽいファッションをしたいというリクエストには、はおりものや靴、アクセサリーで変化をつける方法を紹介しました。

洋服を選ぶときの基準としては、TPOが有名ですが、みなみさんはそこに“People”のPをひとつ加え、TPPOとして考えてほしいといいます。

これは、「会う人をイメージして」服を考えること。会うことを楽しみにしてくれたのだなという思いが伝わるわけです。

まずはお友だちや家族から、自分についてのイメージを聞いてみましょう。思ってもいなかった印象に気づくかもしれません。

「流行は参考程度に、まずは自分らしい装いを」とみなみさん。自分に本当に似合う服を探してみませんか?

(文/マチコマキ)

 

【参考】

※予約が取れないパーソナルスタイリスト・みなみ佳菜セミナー 〜 “装いのチカラ”を味方につけて自分らしく働く! 〜-Discover21

※みなみ佳菜(2016)『4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服』ディスカヴァー・トゥエンティワン

※洋服を買う際、9割近くが「流行より“好み”を重視」。重視するイメージは「シンプル」「ナチュラル」「上品」。-ベルメゾン生活スタイル研究所〈ウーマンスマイルアンケート〉