2位前田敦子!歌手なのに…ぶっちゃけ歌が下手だと思う女性1位は

写真拡大

かつての日本のCDの売上の15%を占めていたとも言われる平成の歌姫・浜崎あゆみが、いつからか恋人との2ショットを披露する“空港芸人”と化し、その一方でHKT48の新曲『74億分の1の君へ』が、宇多田ヒカルの新曲でNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌である『花束を君に』の3位を抜き、オリコンデイリーランキング1位にランクイン。

筆者を含め、「いま流行りの曲についていけない……!」なんて方も多いのではないだろうか?

そこで今回は、『VenusTap』が男女500名を対象に「正直、歌手だけど“歌下手だな〜”と思う女性アーティストは?」というアンケート調査を実施。気になる調査結果を参考に、大きな声では言えない偽歌姫を探っていこう。

■アレは放送事故でしょ……! 鉄メンタル“剛力彩芽”

<「歌手だけど、歌が下手だな〜と思う女性アーティスト」ランキング>

1位:剛力彩芽(13.0%)

2位:前田敦子(11.8%)

3位:AKB48(11.4%)

4位:板野友美(11.0%)

5位:きゃりーぱみゅぱみゅ(8.8%)

堂々の1位に輝いたのは、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)での生歌が酷すぎるあまり、放送事故レベルと話題を呼んだ、剛力彩芽。しかし、剛力彩芽がその後のブログで

<この間の金曜日は……なんといっても!!ミュージックステーション!!!!
いやぁ〜、緊張した!!んでも、すっごく楽しかったの☆(中略)>

と更新したことから、ネット上では更なる炎上に。

「Youtube見てみて! 下手過ぎるから」「さすが鉄のハートの持ち主」「ちょっとは落ち込んでほしい」といった声が飛び交った。

しかし、問題のYoutubeの動画はこの後すぐ削除され、剛力彩芽のパフォーマンスは永久にお蔵入りとなったようだ……。

■いつも風邪ひいているの? “前田敦子”

続いて2位にランクインしたのは、先月発売した1stアルバム『Selfish』(キングレコード)がオリコン初登場7位と、“まさかの大爆死”と報じられた前田敦子。

「『水曜歌謡祭』に出演したときの生歌に背筋が凍った」、「すごい鼻声。風邪ひいたままレコーディングしてるの?」といった意見が並んだ。

つい先日には、自身のインスタグラムにて金髪姿をアップしたばかり。歌声のみならず、まだまだ注目を集めそうだ

■1人くらいは歌ウマ希望!? 口パク芸にうんざり“AKB48”

前田敦子を一躍有名にした、AKB48がグループとして3位にランクイン。『2016 オリコン上半期ランキング』では、6年連続1・2位を独占し、圧倒的な人気を見せつけているが……。

「ソロの生歌は致命的だし、だからといって安定の口パクには飽き飽き」、「歌手だけれど、歌で勝負してないんだろうと思うことにした」、「1人くらいは、歌ウマ!なメンバーがいてもいいのに……」

先月行われた「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」で栄えある1位を獲得したのは、史上初の二連覇達成となる指原莉乃。ヘタれキャラを売りに、バラエティーでも活躍を見せる指原だが、今後は歌唱力アップにも力を注いでもらいたい。

■音痴という自覚がある私の方が上手いんですけど……チケット暴落“板野友美”

4位にランクインしたのは、同じく元AKB48・板野友美。8月6日には東京でアジアツアーのファイナルを迎える板野友美。しかし、某オークションサイトではチケットの値崩れが激しく、最安値は1,000円という噂……。

「音痴の私が歌った方が上手い!」「代表曲何でしたっけ?」「チケット1,000円でも高い。謝礼+交通費が出れば行きます」などと散々の言われよう。

さらには、夕刊フジのインタビューにて「当時の秋葉原はオタクのイメージが強くて辛かった」などとコメントし、AKBを全力で応援してきたファンから批判が殺到した。

■レディー・ガガに失礼? 蚊が鳴いたような声“きゃりーぱみゅぱみゅ”

最後にランクインしたのは、5月に初のベストアルバム『KPP BEST』(ワーナーミュージック・ジャパン)を発売したものの、3年前に発売された『なんだこれくしょん』(ワーナーミュージック・ジャパン)が約13万枚売れたのに対し、今回は約5万枚と、伸び悩み気味のきゃりーぱみゅぱみゅ。

世間はその歌声を「蚊が鳴いたような声」「日本のレディー・ガガって……歌唱力、皆無。ガガ様に失礼」「デジタルな声に上手いも下手も……」といった評価のようだ。

つい先日には、自身のTwitterで「恥ずかしがり屋だし基本的に興味ないし、この世界は自分に向いてないんじゃないかなぁと定期的に思ったりするんだけど」と、本音を覗かせたきゃりー。

しかし、ネット上では「そうかいそうかい、やめちまえ」「ずっとそんなこと言ってるよね」などと、厳しいコメントが相次ぐ事態に。

意外にもCDの売上枚数と歌の上手い下手は関係がないのが日本なのかもしれない。剛力彩芽を超える、超ド級パフォーマンスが見られる日は来るのだろうか。

【画像】

※ CHIBA, JAPAN - JUNE 22: Atsuko Maeda attends the MTV Video Music Awards Japan 2013 at Makuhari Messe on June 22, 2013 in Chiba, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

※ TOKYO, JAPAN - DECEMBER 01: Tomomi Itano attends the Omotesando holiday illumination lighting ceremony on December 1, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)