見た目にホレる!金属製なのに片耳2gの高音質イヤホン

写真拡大

高いデザイン性と優れた音質のイヤホンやヘッドホンを数多く発売してきたfinalが、イヤホンの新たな主力商品として打ち出す「Fシリーズ」を発表した。

中でもハイエンドモデルとなる「F7200」(4万9800円前後)は、finalらしい美しいハウジングの質感と、独自開発ドライバーによる全域に渡る澄み切った広い音場が特徴だ。見た目も音も所有感を満足させてくれる、高バランスなイヤホンになっている。

軽さや優れた音質だけではない!各所に工夫が盛り込まれている

手に取ってまず気になるのがハウジングだ。ステンレスの鏡面仕上げということだが、ハウジング部分の重さはなんと2g以下。直径もわずか5.5mmと超軽量で小型に設計されている。このサイズ感が、完璧な装着感と高い遮音性を実現している。

20160718_final01

細いので、ドライバーユニットをより鼓膜に近付けられることから、よりダイレクトで生々しい音質を楽しめるようになっている。しかも、このサイズからは考えられない量感の低音も、独自に開発したバランスド・アーマチュア型ドライバーにより再生可能だ。

20160718_final03 イヤーピースは2種類同梱。このシリコンタイプは5サイズ用意されている

 

20160718_final04 フォームタイプは3サイズだ

 

20160718_final07 ケーブルのタッチノイズ対策としてイヤーフックが付属する

 

20160718_final05 新開発の高純度OFC シルバーコートケーブルが広い音場を実現

 

20160718_final08 final初のリケーブルモデルでMMCXコネクターを採用している

 

20160718_final09 断線を防止し安全に収納可能なシリコン製キャリーケース付き

 

オリジナルを追求し続けるfinalらしいイヤホン「Fシリーズ」は8月10日より発売開始だ。

final >> http://final-audio-design.com/

(文/&GP編集部)