韓国聯合ニュースの報道によると、韓国貿易協会北京代表処は13日、韓国・中国間の自由貿易協定(FTA)が2015年12月に発効した後、両国間の投資が著しい伸びを示していることを明らかにした。資料写真。

写真拡大

韓国・聯合ニュースによると、韓国貿易協会北京代表処は13日、韓国・中国間の自由貿易協定(FTA)が2015年12月に発効した後、両国間の投資が著しい伸びを示していることを明らかにした。16年1〜5月の韓国から中国への投資額は22億ドル(1ドルは約104.6円)に上り、前年同期比12.2%増加し、上半期の中国から韓国への直接投資は7億1000万ドルで、同79.5%増加した。環球網が伝えた。

韓国の対中投資は04年に過去最高の62億5000万ドルに達した後に減少したが、12年から徐々に回復している。15年末に中韓FTAが発効すると、韓国の対中投資は力強い伸びを示した。韓国企業による中国市場への積極的な進出が投資の回復をもたらした。たとえば現代汽車は重慶市と河北省滄州の工場を稼働させ、中小企業は韓国国内の市場から中国市場へと視線を移し、発展の可能性を切り開きつつある。

同北京代表処の崔勇民会長は、「ここ数年、韓中両国はFTAの後押しを受けて新たなビジネスチャンスを模索するためにさまざまな方面で努力を続けてきた。投資の重心は伝統的な加工貿易型組立産業からバイオをはじめとするニューテクノロジー分野や中国での研究開発拠点の設立へと移り変わりつつある。ゲーム、医療、環境などのサービス業への投資も猛烈な勢いで発展している」と述べた。

中国から韓国への投資も伸びている。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)がまとめた統計によれば、上半期の申告額ベースの中国の対韓投資額は7億1000万ドルで同79.5%増加した。サービス業への投資が最も多く、3億8900万ドルに達し、製造業への投資は3億1300万ドルだった。

統計によると、15年の中国の対韓投資は過去最高の19億7800万ドルに達した。14年の日本の対韓投資は24億8800万ドルで、同年の中国の11億8900万ドルの2倍以上になったが、15年は16億6500万ドルに減少して、初めて中国に抜かれた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)