▽明治安田生命J2リーグ第23節のザスパクサツ群馬vsセレッソ大阪が16日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、0-2でC大阪が勝利した。

▽21位に低迷している群馬と、首位のコンサドーレ札幌から2ポイント差の3位に位置するC大阪が相まみえた。試合は、早々の3分にC大阪が動かす。丸橋の左CKをニアの杉本がそらすと、最後は正面で競り合いながら清原が飛び込んで先制点を生み出した。

▽ハーフタイムにかけてもC大阪が押し気味に試合を進めたが、ゴール前での丸岡やリカルド・サントスの決定的なシュートを決めきれず、1-0のまま折り返す。

▽迎えた後半もC大阪ペースが続く。すると61分、カウンターの流れからボックス右のリカルド・サントスがラストパス。ファーサイドの杉本がボレーで合わせたシュートが右ポストの内側に当たり、ゴールに吸い込まれた。

▽その後、無失点で試合を終えたC大阪は直近の7試合で6勝目となる白星を手にした。一方の群馬は6戦未勝利となっている。