バスケットコートは家の中につくる時代?

写真拡大 (全11枚)

家の中でスポーツなんて、夢のまた夢だと思ってました。

そもそも「スポーツは外でやるものだ!」と信じ込んでいたし、場所とか設備の問題もあるし……。

しかし、そんな常識を覆す、とんでもない住宅を発見しました。



静岡県の小泉設計室が手がけた「コートハウス」は、一見すると白い外観のおしゃれな戸建て住宅。

でも、中に入ってみると……



え、体育館?

玄関から広がるのは、キュッキュッと音が聞こえてきそうなバスケットコート。

目線を上げれば壁にバスケットリングがついています。



体育館なのかな、と思ってしまいそうですが、この「コートハウス」は紛れもない戸建住宅。

はじまりは「バスケットゴールのある家が欲しい」という建て主の要望でした。それを真摯に追求した結果、このような家が生まれたそう。

コートサイズは実際の4分の1、リングは正規の高さにつけられています。天井高は6mもあるので、フリースローの練習もなんなくできちゃうんです。





回遊性のあるキャットウォークは、ギャラリーの役目もかねています。コートの左右に配置された各部屋は、まるで部室みたい。




コートと付随するダイニングキッチンには、差し色として青のダイニングセットが設置されました。

インダストリアルなキッチンが、意外にも体育館の雰囲気とマッチしていて驚きです。

コートとダイニングを隔てるのは、これまたスポーツを連想させる、金網のフェンス。テニス部のボールが挟まっていそう……。




当初は非現実と思われた要望をあえて追求することで、体験したことがあるようなないような、不思議な空間が生まれました。

家の中にバスケットコートを実現させたコートハウスは、「家でスポーツ」を夢見る人々の大きな希望になるかも?

下島の家「コートハウス」 [小泉設計室]