5分で読める「夜の新江ノ島水族館」ガイド - クラゲホールや大水槽など“えのすい”を紹介

写真拡大

“夜の水族館”として多くの人々に愛されている「新江ノ島水族館」。特に、ナイトワンダーアクアリウムは、魚やクラゲたちとデジタルテクノロジー、照明、サウンドが織り成す世界観が、「えのすい」ならではの感動体験を生み出している。

[ この記事の画像をもっと見る ]

“夜の水族館”の楽しみ方、として新江ノ島水族館が提案したイベント。「ナイトワンダーアクアリウム2016 〜月光に漂う水族館〜」は2016年7月16日(土)から12月25日(日)まで開催され、館内全体が月夜に照らされ美しく輝く海の生き物達にフォーカスしている。

■エントランス階段

入場口を入ってすぐの階段。波が打つような照明とサウンドが来場者を海の世界へ導いてくれる。

■光の水先案内

展示と展示をつなぐ通路も、“海中”にいるような感覚でいることができる。いつもは正面から見る水槽を横から見た様子や、通り道を照らしてくれるライトなど、単なる移動としてではなく、そこも1つの見所として進んでみよう。

■相模湾大水槽

相模湾大水槽へ辿り着いたと同時に、夜の海底がもつ迫力が全身を包み込む。魚になって海を泳いているかのような気持ちは、水槽を取り囲むプロジェクションマッピングによって現れる満月によってより高められる。

■海月の宇宙

相模湾大水槽で夜空の月が映し出されていたが、海中にもクラゲという“月”がいる。クラゲの生態や「えのすい」のクラゲ飼育の歴史、こだわりを、世界初の3Dプロジェクションマッピングを通して学ぶことができる。美しく照らし出される“海月”を夜の闇の中だからこそ体感できるだろう。

■深海で待つ神秘の物語

1982年から2002年まで日本の深海研究に貢献してきた有人潜水調査船「しんかい2000」。“えのすいの海”をもう一度旅し始めた夢の船に乗っている気分で、「しんかい2000」の歴史や功績を学んでみよう。

上記で紹介した展示以外にも、心が躍るような生き物が無数に登場する。月に見守られ、太古の海から現在、そして未来へとつながる、美しい命の輝きをぜひ体感してみてはいかがだろう。

電車を利用しての来場は、小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅と江ノ島電鉄「江ノ島」駅 、湘南モノレール「湘南江の島」駅の3路線が利用可能。どの駅からも徒歩で10分以内と、歩いてくることができる好立地だ。自家用車でも来場できるが、専用駐車場は設けられていない。しかし、施設近くに有料駐車場が3つ、合計で750台以上のスペースがあるので、そこに車を駐めて「えのすい」に来るのも良いだろう。

ナイトワンダーアクアリウム2016 〜月光に漂う水族館〜
会場:新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1 
開催期間:2016年7月16日(土)〜12月25日(日)
開催時間:17:00〜20:00
入場料:大人 2,100円、高校生 1,500円、小・中学生 1,000円、幼児(3歳以上) 600円

■アクセス
電車:
・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅 徒歩3分
・江ノ島電鉄「江ノ島」駅 徒歩10分
・湘南モノレール「湘南江の島」駅 徒歩10分
駐車場:
専用駐車場なし。周辺の有料駐車場を利用。
・県立湘南海岸公園中部駐車場 356台
TEL:0466-35-0036
・片瀬海岸地下駐車場 200台
TEL:0466-24-0425
・江ノ電駐車センター 200台
TEL:0466-23-2441

【問い合わせ先】
新江ノ島水族館
TEL:0466-29-9960